miyukikaku

りんごの嘆き

自己愛の強い夫が勝手に別居生活を始めて長い年月が経った。今後の自分の生き方を考えながら自己愛男への不満を呟く。

私の実家

14 5月

甘やかしの連鎖

昨日の続きだが、弟家族を甘やかす母の様子が思い浮かぶ。


「お金かかるでしょう」と言って、孫にも弟にも小遣いを渡す。母の方が少ない年金暮らしなのに。当たり前な顔をして受け取る弟家族。


嫁の分まで夕飯の食材を買ってあげている様だ。
(ほとんど捨てられているようだが)



甘やかしの連鎖だ。


母は私が出産した時に言った。


「仕事はしたらだめ。世間体が悪いし、私たちは協力する気はないからあてにするな。」


女性が子どもを育てながら、正社員で定年まで働くのは、協力者がいなければ大変だし困難だ。


私は母子家庭状態になり、ただでさえ誰よりも働かないといけなかったのを知っていてそう言われたのだった。
世間体が悪い娘ならいらないという事だった。


結局私は、協力者がいなかったので、会社を辞め、パートにかわるしかなかった。


私に「親をあてにするな」と言った両親は、弟夫婦には喜んで協力し、姪の世話をし続け、そのおかげで弟夫婦は自由に働き、遊べていた。

娘には世間体が悪いから働くなと言い、弟嫁の働きたいという意志は尊重し、ご機嫌を伺い喜んで協力していた。しすぎる位に。


裏では、誤魔化す様に、私に弟夫婦への愚痴をぶつけていた。その勝手さに何回も私は母に怒りをぶつけてきた。
(最近は、歳老いてきて少しは私に気を使ってくれる様になったが)


両親の協力のお陰で、我が家より何十倍も裕福になった弟夫婦は、実家に感謝するどころか、ふてぶてしい非常識人になっていた。


せめて世話になった両親には、もっと気を使ってほしいのだが。



その母のストレスは私に向かうというのに。



     
13 5月

姪っ子の我儘

弟からちょっとした用事でメールがきた。


実家の様子を聞いたり、お互いの近況を伝えあった。



ちょっと唖然とした。



弟の1人娘は、健康な大人の女性で、アラサーなのだが、自立する気がなく、親の仕送りで都会で一人暮らしを謳歌している。


いつでも仕送りしてもらえるので、気が向いたらバイトをしているようだが、ほとんど遊び回っているらしい。


弟夫婦は可愛い、可愛いと人に言う。娘の事を嘆いたりしない。

むしろ、執着が強くなり、甘やかしに拍車がかかっている様だ。


周りは、呆れているのだが、気が付かない。

私の子どもにまで、30前の娘のビデオを見せて自慢するのは参った。


世間体にこだわる夫婦なので、内心はどう思っているのかわからないが、絶対に自分に関する事は悪く言わないのだ。



未だに娘を小学生の様に扱っている。



それでも、弟は、会うとどこか悩みを抱えているような、何となく歯切れが悪いというか、ふっとそんな表情をする。でも、絶対愚痴は言わない。妻子を褒めることしかしない。
(ある意味羨ましい…いい旦那さんじゃないか)


弟は、本心は娘の将来を心配しているのではないかと、勝手に想像する。



自業自得と言えばそれまでだ。そんな風に甘やかしてきたのだから。


    
4 3月

自業自得?私も?

会いたい人に会えず、孤独に泣きながら死んでいく様な暮らしを、自分の子どもに強要されるなんてと、R叔父は悲しんでいるようだった。


父は、「あいつに何かあれば、助けにいく」と言ったらしいが、現実的に無理だ。

遠く離れているという事もあるが、何があっても、叔父は息子をかばって連絡する事はないだろうし、電話もかけられないようにされているし、家に行ってもA男がいる限りそんな事は不可能だ。

A男が仕事に行っている間は、叔父一人でおり、おそらく介護サービスも受けているだろうから、目に見える虐待はないのだろうが、言葉によるDV,親族との一切の連絡を禁止し、電話も受信拒否、郵便物もチェックしている様なのだ。


A男の引っ越し先に叔父が同居している為、叔父の友人もいなくて、近隣との付き合いも無いそうだ。
なぜ、同居しているかと言えば、叔父の年金で生活する為、身の周りの世話をさせる為にA男が呼び寄せたのだ。

世間には、「高齢の父親が心配で、実家から呼びよせ、仕事をしながら世話をする親孝行な息子」と言う事になっている。


そんな風に育ててしまったR叔父の自業自得という事だろうか。自分もそんな事になるのかな。

(そんな風には育てていないつもりだけど。優しい子ども達だと信じているけど、自分では自信があっても、子どもにとってはどんな親だったのか。未熟な自分だから、申し訳ない事もいっぱいあった。と反省する。)



今だからこそ、同情されているが、この前まで、R叔父はA男と似たり寄ったりだった。失礼な事を言ったり、被害妄想も激しく、トラブルも多かった。

父は兄弟だから、それでも見捨てることはできない気持ちはわかる。


とにかく、この手紙が届いた事がA男にばれたら大変なので、どうにかして書類を揃えて送ってもらうまで、刺激しないように手をうつらしい。


母が、こっそり父のいないところで電話してくるからよいものの、そうでなければ、私だけが何も知らされていない事になっているのは腹立たしい。












3 3月

父の相続問題~人生の終わり方が大事

父の相続問題で、また動きがあった様だ。⇒父の相続問題の悪化


R叔父本人から手紙がきたそう。


おそらく息子のA男には内緒で出したとみられる。


高齢の為か、叔父の字は乱れており、片方の目は失明し、弱っている様子だという。


内容は「実家は兄さんに譲る。印鑑証明は自分ではとりにいけない、A男が書類も印鑑も隠してしまった。皆に会いたい。」と言うような事が書いてあったそうだ。

譲ると言うのは意外だったが、これで全員が父に譲るという意志を示したことになった。


後は叔父の書類だけだ。他の兄弟から届いた書類の有効期限があるので急がねばならない。



父子家庭で、必死で育てた息子A男が、父親を軟禁し、親族との連絡を遮断し、虐待めいた事をするなんて、誰も予想していなかった。


人生最後の迎え方は大事だなあと思う。


それまでの人生がいくら良い事づくしでも、勝ち組であっても、高齢になってから人生の最後を迎えるその日までを、どんな気持ちで送るかがとても大事な気がした。












26 2月

父の実家の相続問題~父が反論


R叔父以外の相続人全員、父への感謝と労いの言葉を添えて、父に譲るとの返事で、お礼の品まで送ってくださっていたという。

だから、猶更、A男の手紙の異常さが際立った。


A男の手紙は、父が書いた報告の内容について、揚げ足をとったり、被害妄想的な内容だった。

相続人全員で負担すべき費用を父がすべて負担してきた事についても、「好きで勝手にやった事だろう、関係ない。」「請求しようとしても無駄だぞ。時効だぞ」などと反論したり、他にも意味不明な事を色々書いてあった。


つまり、簡単には渡さないぞ。という事だろうが、A男は相続人ではなく、何を言っても無駄な事だ。


父が、「A男には権利はない、R叔父本人の意志を聞きたい」と怒りをこめて返事をだしたそうだ。



裁判をしてもいい、とまで父は怒っているようだが、そこまでする価値はなく、赤字になるだけの資産なら全部R叔父にやってしまえばいいとまで、私は思っている。


父の物になれば、赤字の資産を私たちが管理する事になる。



父はそういう子どもの意見は一切聞かない。

私は山の中の過疎な荒れた山林などいらない。

そんな大変な資産を管理する余裕があるなら、今住んでいる自宅(私の実家)を手入れすればよいのに何もせずボロボロ、父は認知もあるのか、誰もいない老朽化して荒れ果てた実家に執着している。


私は、(父親にも旦那にも意見を聞いてもらえない軽い存在なのね)とため息がでた。









25 2月

A男の驚く行動

A男からの手紙は、失礼なものだった。


そもそも相続権の無い立場で意見を言う事自体がおかしい。


肝心のR叔父からの言葉は無い。



噂にきくと、叔父はA男に虐待されているのではないかと。


親族と仲良くしたい叔父の行動をA男が禁止し、家に軟禁している様なのだ。



父子家庭で寂しい思いをして育ったA男は、親の愛情に飢え、我儘を言っては困らせ、子どもの不満を叔父はお金で解決してきた。

A男にとって、親のお金=愛情となってしまった。



軟禁が始まった原因は、気前のよい叔父が、付き合いでお礼やお祝い、餞別などをばらまくのが気に入らないからだそうだ。


付き合いで、そういう事は仕方のない事だが、A男にとって「親がお金を渡す=親が相手に愛情を与える」という公式になっていた。


結婚してもすぐに妻に逃げられた。こういう歪んだ性格のせいなのか。


もう中年なのに、まだ子どものままの様だ。自己愛男と似ている。


さんざん、贅沢させてもらい、いまだに親の年金で生活し、自分の給料は遊びと小遣いに全て消える生活らしい。

なのに叔父に対して「俺はずっと貧乏な生活を強いられた、なのに親は俺より他人や親族にばかりお金を使う。」と怒っていたという。


驚く行動は他にもあった。

          


          




24 2月

父の相続問題の悪化

父の実家の相続問題が、悪化しているようで、今度は母から電話がきた。


1人を除いて、全ての相続人から父に全て譲るという書類が届いたらしい。



赤字になる資産なんて誰でも欲しくないだろうし、これまで父が自腹で管理してきたのをラッキーと思って誰も気にかけていなかったのだから。


唯一一人だけ、執着している人がいた。


父の弟のR叔父だ。予想通り、もめ始めた。


おかしな事に、R叔父ではなく、権利の無い叔父の息子のA男から返事がきたらしい。


そのA男からの手紙の内容が、父を激怒させたのだった。














16 2月

父の相続争い

めずらしく弟からメールがきた。


父の実家の相続問題に動きがあったようで、相談と報告のメールだった。



祖父の家と田畑と山林は、祖父の死亡後何十年も放置されている。
父の兄弟は多かったが、数人は亡くなり、子や孫に相続され、現在相続人の数は10人を超えた。  父の実家の相続問題


昨年、父の世話で帰省した時には、父は私に相談したのに、私のアドバイスを無視して勝手に行動を起こしたらしい。

それも、私が忠告していた事をやってしまっており、失敗したようだ。


「だから言ったでしょ、あんなに注意したのに勝手にやるからだよ」と父に言いたくなった。


弟は、私に言うなと父に口止めされており、内緒で私に教えてくれた。


またまた古臭い男尊女卑…。


弟はトラブルが嫌いというか、もめ事から逃げる性格のようだ。


すぐ「面倒臭い」という。

だから嫌なことは私にやらせようという事で、メールを送ってきたわけだ。


私が何か言ったって、父と喧嘩になるのは目に見えている。

高齢で頑固で、認知もでてきているし、人の話を聞いてくれないというか、人の話を理解したり、想像する能力が無くなっている。。


「私は知らないことになっているのだからどうしようもないでしょ」と一応返事はうっておいた。


弟を裏であのK子が動かしているような気もして、気分が悪いが考え過ぎかな。










15 1月

嫁にご馳走を作り、娘には料理しない母

K子とニート姪が、長い旅行から帰り、家族で実家に行ったそうだ。
弟曰く、「遊びほうけている」そうだ。

いつも、お土産もなしで、お客様として実家にくる。


近所に住んでいて、世間には高齢の両親の世話をしている風に見せている。



現実は、いつもお客様。お客様でいる事を、母が希望しているわけではない。

手伝いを頼んでも、家事は絶対に手伝わない、ましてや世話なんてしないと結婚した日からK子は決めている。
「一度やってあげると、癖になるから」と言い、お人よしの両親を馬鹿にしている。


毎年、足をひきずりながら朝早くから料理を作る母をソファに全員座って見ている。


母も馬鹿で、もうお正月は終わったのに、年末年始、旅行で会えなかったからと言って、おせちを作って弟家族に食べさせたようだ。
病気の父を放置して遊んでいた人に、必死でご機嫌をとる。


結婚以来何十年も、一度もおせちを作らず、母に作らせ、色んな家を食べ歩く家族。



そして、母は、大人でニートの姪、弟夫婦にお年玉をあげている。



私の子どもは、アルバイトして少ない自分の給料から祖父祖母(私の親)にお年玉を渡した。


それは馬鹿姪っ子のお年玉になって消えていく気がした。



そういえば、私は母の料理、特におせち料理を食べた記憶が長い事ない。
母の味付けも忘れてしまった。



娘の私より、嫁のK子が毎年、母の料理を食べているわけだ。



私が帰省しても、お客様扱いはされない。
自分の食事は自分で作れということだ。


出産の里帰りもそうだった。


私はいつもこき使われる。母は、私の為に料理なんかしないことに気が付いた。






12 1月

私だけがおかしい?


私には切羽詰まる現実の生活があるので自由には動けないと弟も知っている。

県外だし前回の父の世話で、かなり自分の生活に支障がでた。
それでも気になって、飛んでいった。良かったと思う。

逆に弟夫婦は自由で時間もお金もある立場。私がその立場ならたまには父と一緒にご飯食べたり、掃除位はするだろう。

栄養不足で、ごみだらけの部屋も放置し、倒れそうな父を放置する弟夫婦の冷たさと、それを知っててご機嫌な母の「よく世話してくれる息子」という言葉の矛盾に、私は何回も抵抗した。

母は、父を救った娘より、旅行にいっていた嫁に頭をペコペコ下げる。私が帰省したことも隠していた。弟夫婦の世間体のために。


私の実家にいると、私だけがおかしな人間みたいになる。


両親、弟とも何回も言い争いになった。


弟は母の買い物に車さえだせば、お金ももらえるし、世話している感がでて世間体も良い、今は。

しかし、生死に関わる世話や心配はしない。



母は、へたに弟に説教して自分の世話もしてくれなくなったら困るから何も言えない、という。

子どもの時からそうやってきた。

その母が、先日は珍しく弟の事を愚痴っていた訳だが、それは私だけに言うのであり、K子や弟に対しては相変わらず媚びるのだ。


近所にいたなら、もっと私が全員を振り回して、言いたい事を言いまくる。それができない歯がゆさ。








プロフィール

りんご

主婦歴、子育て歴長いです。自己愛の強い夫に振り回される人生。長い間我慢してきた事を吐き出し、これからの自分の生き方も考えながら、あれこれ呟きます。

いつも有難うございます
♡よろしければポチッとお願いします♡ にほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ
人気ブログランキング