昨日書いた友人の話だが、県外の故郷に帰っているので、お互いなかなか会えずにいる。
一人暮らしで働きながら、次の人生を楽しみ、頑張っている様だ。


彼女が離婚するまでには、壮絶な戦いがあったようだ。



彼女は、結婚するまでは、「こんなに幸せでいいのかな」と思える人生だったそうだ。

彼女のプラス思考と明るさ、さっぱりした性格に加えて愛情深いご両親という素敵な 環境で育ったからだろう。


大企業に勤めるエリートのご主人と結婚し、バブル期にはご主人は単身赴任になり、子供と二人で気楽で楽しいセレブな生活を過ごした。



彼女が幸せと思っていたのはそこまでだった。

このご主人も豹変したらしい。典型的なDV夫だったという。 高給で、単身赴任だったから我慢できたと言っていた。

バブル期に、ご主人が会社を辞め、赴任先で起業したが失敗、バブルははじけ、赴任先から借金まみれで帰ってきたという。
義両親との2世帯住宅を建てたばかりだった。



それからは、地獄の日々。プライドの高いご主人は、仕事もせず、家でゲームをして引きこもった。友人は、朝から晩まで働いて生活費を稼いだ。子供さんは大学に入ったばかりだった。


ご主人に働いてほしいと訴えても、子供は退学させればいいと言ったらしい。パチンコ代など小遣いを親に貰い、たまにアルバイトをして、辞めてを繰り返し、ほとんど家にこもっていたとか。


あまりに情けない息子の姿に、義両親は嫁と孫の為に協力してくれた。彼女は私と違って、義両親に大切にされていたのが救いだった。


借金がかなりの額あり、ローンも負担だったため、役所に相談にいき、そこで彼女は、「ご主人にDVされているんですね」と言われたそうだ。



税金も払えなくなっていた。ご主人は借金を申し込もうとして、それが原因で断られた。帰宅して「お前が税金払っていないから金借りられなかったじゃないか!」とどなられたらしい。ご主人は、彼女が何か言おうものならどなりちらし、暴言を吐くので、彼女は何も言い返せない。


その時から、彼女は幻覚が見え始め、体調が悪くなっていた。

妻が仕事しているのに、夕方洗濯物を取り入れていないのが気に入らないと、庭に洗濯物を投げていたりする旦那さんだった。


ついに、役所が動いてくれ、ご主人に説教してくれたらしい。「あなたは人間のクズですよ」と反省のない態度を見て、言ってくれたそうだ。


医師にも、すぐに別居するように言われ、彼女は実家に逃げ帰った。


子供さんが就職するのを待って、離婚を言い出した。


別居している間、ご主人から電話で「お前のせいで、自分の生活費が無くなり、お袋の年金の世話になってるんだぞ。お袋に謝れ!」と言われたそうだ。

それまでの彼女なら、言い返さず、黙って耐えたのだが、別居して目が覚めていた。
「何いってんの!お金が無いのはあなたのせいでしょ!いい加減にして!」

と、結婚以来初めて言い返したんだそうだ。

それが、かなりDV旦那さんにはこたえたらしい。抵抗していた離婚話はとんとんと進んだ。

セレブな生活をしていたご婦人だったのが、突然ドン底に落ちて、最初は世間体を気にして、何とか繕っていたようだが、次第にそんな余裕もなくなっていつしか、心と体を病む入り口で何とか踏みとどまれたのだ。

不幸から抜け出せたきっかけは、彼女が役所に相談に行ったことだろう。


鬱になって、病院で別居を勧められたことも良かった。彼女が行動的で、社交的で素直に相談できたのも救いだった。

自分がDVにどっぷりはまっていて、一人で苦しんでいた事に気が付くことができた。
DVをする人間は、「お前が悪い」と責める為、被害者は洗脳され、逃げだす力も奪われる。



当時私は、彼女の話を聞くのが精一杯で、自分の事など話せる状態ではなかった。




彼女の話を聞いていて、感じたのは、うちの自己愛男と友人のDV夫との共通点があることだ。

母親のタイプが似ているのだ。教育に関して。

この学校に行かないとだめだ、成績が悪いとだめだ、と母親の期待が強く、二人とも、努力したのにも関わらず、母親の望む学校には行けなかった。そして、母親に、だめだしされて、へんなコンプレックスを抱いてそのまま大人になった気がする。


友人のご主人は一流企業に入ったし、うちの自己愛男も一応は大学もでているので、十分親孝行だと思うが。子供の事より自分の世間体や欲求を優先する母親は意外に多い。


母親に認められたいという欲求が奥底にあって、間違ったプライドで人の評価に過敏に反応する気がする。

母親の良いところだけ影響受けてほしかったけど、変なところがこうやって悪影響を残すとは子育てをなめてはいけないと思った。

この友人から、色々学ぶ事は多い。