miyukikaku

りんごの嘆き

自己愛の強い夫が勝手に別居生活を始めて長い年月が経った。今後の自分の生き方を考えながら自己愛男への不満を呟く。

嘘つき

11 5月

どうすれば見抜けるのか


うちの自己愛男が若かった時、本性を第一印象で見抜く事は難しかった。


それほど、奴の演技が凄い。演技というより2重人格かもしれない。




そこが次々と被害者(トラブル)が増えた原因だと思う。



今は奴の不摂生でだらしない体型になっているから、魅力的とはとても言えないが、若い時はそうではなかった。


若い時はそれだけで当然なのだが、見た目は今より良かった。


清潔感あふれる真面目な人懐っこい好青年。と言った感じ。


常に笑顔で丁寧な言葉使い。

女性や高齢者などの弱い人の味方みたいな優しい人。

仕事を頑張っている真面目で育ちの良さそうな人。


言葉使いは、女性には特に丁寧で紳士的。


すぐに笑顔で「有難う!」「お疲れさま!」と言う。


「これからは女性が活躍する時代だよ。」と言い、家事ができる事も話す。

フットワークも軽く、用事を頼まれればすぐに動く。

家庭でお茶をだせば、すぐに「おお嬉しいな、有難う!」と言う。


これだけ聞いたら、理想的な結婚相手に思われる。



今もその手を使っている。私にも他人にも。


家庭では、そんな上辺の愛想良さより、義務を果たせよと言いたい。


お茶をいれてもらって、奥さんにお礼を言えば良い旦那さんなのか?


言わないより言ってくれるのは確かに良い事だけど、「有難う!お茶おいしいよ。嬉しいな」と笑顔で言えば、全てがすむと思っている。


そう言った直後に、生活費の話でもだしたなら、がらっと態度は変わるのだ。
有難う!はどこに言ったやら。モラハラが始まる。


だからどんなに奴が良い夫の演技しても、騙されない。

自己愛性人格障害だとしたら、特徴が似ている。


世間には、さぞ愛妻家だろうと最初は思われるだろう。


長年家族をほったらかしにしている事はすぐにばれるから、何かおかしいと疑われるはずだ。

そこに本人は気が付いていない。


好青年ぶっても、もう今では無理というもの。


偉そうに説教したり、変な人と思われるだけだろう。


これから結婚相手を探す人は、こんな人につかまってしまったら大変だ。


どうすれば見抜けるのだろう。


どうすれば私は見抜けることができたのだろうか。

      
9 5月

最後に同じ脅し文句を言う

自己愛男の説教は続く。


「最近の若い親は、親の自覚が足りない。」
「躾けができない。」
「おそらく親自身の育った家庭に問題があったんだろう。」
「特に女性がろくでもない。」



そんな事を繰り返し、しつこく書いている。更に

「自分が子どもの時は良かった。人間がまともだった。」
「自分の親や祖父から学んだ事を活かしている。立派な両親をお手本にして生きている」

と続く。

そして最後は、「エリートなんて記憶力が良かっただけで、常識がない。人間性が悪い。」とくる。


公務員の批判も繰り返す。


そう、”自分が欲しくて手に入れられなかったもの”、”同級生が得ている実績、経歴、財力に嫉妬している”のだ。

そして、経営者でもないのに、経営者の心得の勉強しているアピール。



自分の過去の転職(失敗)は、「事業展開で、事業を拡げてきた」?「色んな分野に挑戦してきた」?
と言いかえ、(黙っていればよいものを)
「もう歳だから、とか失敗を恐れるとか、夢をあきらめるのは間違いだ。自分を見習ってほしい。いつまでも若々しく、夢を持ち、チャレンジし続けている」とアピールしているのが痛い。



もはや、妄想、詐欺、自己満足の世界。



SNSに実名で、仕事の付き合い、会社の人、家族、誰でも見れるものに書いていたり、仕事で知り合う人、たまに会う親族、同窓会でもそんな話をしている様だ。



こんな嘘を書いていたら、信用を無くすだけだと思うが。


子育て論なんか、よく言えるよなあ。子育て放棄、経済的DV, モラハラ野郎が。



私はこれまで、嘘を指摘し、注意した事があった。
何回も。



「僕は事実を言っている!君は事実を悪く捻じ曲げて、僕を非難したいのか。僕の足を引っ張るつもりか。僕は周りから評価されている。悪く言う人はいない。もっと君は勉強した方がいいよ。」

そして必ず最後に言う言葉が
「誰の為にしてやってると思ってるのか。こんなに頑張ってやってるのに。ああ、こんな事言われるなんて残念だなあ」



と言えば黙ると思っていて、毎回同じ言葉で脅しているつもりだ。そこが本当にお馬鹿。







2 5月

恥かしい自惚れた妄想


結婚する前の話だが、古い共通の友人と、自己愛男と私と3人でお喋りしていた時のこと。


その友人は、奴の高校の同級生でもあった。



「そういえば、高校の同級生で、Jさんていたでしょ?成績優秀で美人で、男子の憧れの存在だったわね。彼女、お見合いで超エリートと結婚したのよ。彼女らしい結婚よね」
と友人が言った。

私は、(やっぱり優秀でそれなりの人はちゃんとした結婚をするんだなあ、私とは世界が違うなあ)と思った。

「でもね、ああいう真面目で優等生タイプの女性って、本当はちょっとやんちゃな、だめんずに惹かれたりするんじゃないかなあ。例えばあなたみたいな?」

と自己愛男に向かって言った。
勿論、これは嘘で、からかっただけだ。(だめんずは当たっているが(*´Д`*))


「そう言えば、当時Jさんはあなたの事を意識していた様な気がするわ…」

とふざけた表情で舌をだして言う。

どうみても「なんちゃってね!ははは」と皆で笑うノリの場面だった。


彼女と私は自己愛男がノッてきて何か冗談で返すと思って笑っていた。



だが、奴は真面目な顔をして笑わなかった。


「えっ?…やっぱりそうだったのか。そんな気がしていたんだ。もっと早く気がついていれば…」
と悔しそうな顔をしたのだ。


この後、「なんちゃって!」と言えばよかったのに、奴は本気だった。



「え?冗談だったのに。本気にしたの?そんな訳ないじゃん」と友人が慌てたが、もう遅かった。



奴は聞く耳もたず、一人自己陶酔に入っていた。(((( ;゚д゚)))


「そう言えば、Jさんから、意味深な年賀状がきたことがあったんだ。引っ越ししたので遊びにきてくださいと書いてあった。やっぱりあれはそういう意味だったのか。」


へっ?そんな事、誰にでも書くでしょ。というか、本当に彼女から年賀状がきたのかも怪しかった。


なぜなら、Jさんと自己愛男は全く接触がなく、友人でもなく、その学校の中では劣等生で素行不良だった奴を彼女は全く相手にしていなかったのだから。

だからこそ、冗談だと思うはずだった。


冗談を言った友人は、

「何この人。冗談も通じないし、本気にしてるわ。何自惚れてるの?」

とあきれて私にささやいた。



後からわかったのだが、奴が言った年賀状は、Jさんからではなく、私からの年賀状だった(笑)  
それに意味深な事書いてなかったし、あんな私の年賀状ごときで勝手に自惚れるとは。

Jさんが奴に年賀状をだすはずもなかった。後にその事を奴に話したが、奴はとぼけていた。





誰からの物かも忘れた上に、勝手に自分に都合よく妄想して信じてしまう。そしてそれを人に事実として話すナルシスト…今もぱっとしない中年男なのに…



奴はその頃からどれだけ私に嘘ばかり言ってきたのだろう。


不信に感じる都度、確認してはいたが、奴はニヤニヤして

「ふふん、残念ながらそれは君の妄想だよ。君がそう思いたい願望が僕の話を嘘だと言わせているんだろう。大丈夫だよ、僕は嘘言ってないから安心して」

と毎回答えるのだ。全てが嫉妬だと決めつけ、私が腹をたてて、疑えば疑うほど嬉しそうな反応をしていた。


今でも、会社をくびになるたび、「自分の能力や人気に社長が嫉妬したから」と言うほど馬鹿である。


例えば、このJさんの話にしても、私が「その話はあなたの誤解で、友人の話は冗談だったんだよ」と言ったとしても、

「Jさんが僕に気があったと認めたくないのはわかるが、残念ながら君の嫉妬からくるその妄想は間違っているよ。」

とニヤニヤしながら否定したはずだ。


当時からその言い方に腹がたってはいたのだが、今思い出すと気持ち悪くて仕方ない。



もう今ではそんな会話すらない。


奴の話は全部嘘だと思って聞いているから。






1 5月

相変わらずの自己陶酔

自己愛男が嘘つきなのは慣れっこになってしまっているが、奴の過去を知らない人たちに嘘をつくのを見ているのは歯がゆい。


作り話で自己陶酔しているだけの話と、実は皆さんわかっているのかもしれない。



誰も聞いていないのに、自慢話をしたくてしかたがないようだ。

奴に自慢できるような実績なんてあったかな?

失敗の連続、人に被害を与えて責任もとらず逃げたままの人生で、何を話せるのかな?


得意の脳内変換で、全てが美化されているのか、知らない土地だから嘘いってもばれないと思っているのか。



最近の奴のブログを読んで、ため息がでた。


過去の仕事での失敗を成功談として書いているのだ。
それも定期的に何回も繰り返して書いている。


「過去に何回か自力で起業し、経営者となり、企画や宣伝活動に頭をひねって良く動いて行動した結果、成功した実績がある。あの頃が懐かしい。」みたいな内容だ。

お金も能力も無く、自力で起業なんかしてもいないし、任された仕事もひどい結果でくびになった事しかないんだけど?


それが真実なら、今の状況は何?と質問がきたらどう答えるのだろう。


「自分はまともで正しかったが、悪い人に騙されて会社を乗っ取られた」とでも言っているのだろうな。確かにくびになるたび、そんな言い方をしている。


これで営業活動や休職活動してきたなら経歴詐称だろう。

真実を知る人が読むかもしれないのに、堂々とブログに書く神経が理解できない。

奴の中では、嘘が真実になっているのだろうか。だとしたら恐ろしい。




その点、奴が一番怖いのは私かも知れない。



都合の悪い他人とは縁を切って逃げられるし、奴は逃げてきた。


私からは逃げられない。私が真実を暴露すれば終わりだ。



普段の行動で、周りの人も薄々奴に不信感を持っているはず。私の話を聞けば納得すると思う。



おそらく、私の事も、出鱈目な人間像で話していることだろう。

都合の悪い事は全部家族のせいにしているかもしれない。妻が借金していて大変とか、呼んでいるのに会いにこないとか、子どもが金使い荒くてとか。出鱈目を言って、同情されているかもしれない。



だから、自分が嘘をついている世界に家族を寄せ付けないのだろう。

私がたまに、現実に引き戻す作業?をしてやるとパニックになるからわかる。

自分が嘘つきだと少しはわかっているってことかな。


そんな自己愛男は、今日も職場やSNSで説教している様子。

「嘘をつくな。誠実な人間であれ!」と。(笑)



27 4月

探りのメール?

昨日自己愛男からメールがきた。



子どもたちに一番手とお金がかかっていた時期、奴から連絡がくる時は、
「仕事を辞めた」
「生活費送らない」
「文句あるなら破産してやる」
「借金が増えすぎて困った」
「そっちの親から金をだしてもらえ」

などなど、嫌がらせとしか思えない内容ばかりだった。

それも半分嘘で、自分はやりたい放題、浪費しており、私を不安にさせれば自分でどうにかするだろう、親から援助してもらうだろう、生活費も学費をださずにすむだろうと思っていたようだ。


奴からメールがきただけで、動悸がしていた。


私が「その作戦はもう使えないよ」と宣言してからは、奴のメールに対して、少しは落ち着いていられる様になった。


が、奴の嘘やごまかしはあいかわらずで、都合悪いと音信不通、何か作戦がある時は不自然なメールをしてくる。



昨日のメールは

「元気?もうすぐ連休だね」

だった。??この前まで、私の連絡を無視していたのに。



もうすぐ奴は旅行にいく。ばれていると知らずに。もしかしたら実家からお小遣いを貰ったのかもしれない。

家族は養わず、自分は親からお金を貰って遊ぶ?もう老後が近いのに?まさかね?


でも以前そうだったからなあ。


連休に自分の所にふいうちに私が来たら困る?

旅行がばれるから?


探ってきたのかもしれない。

うまくこっちの予定を聞き出したいのかもしれない。


そちらに旅行にいける余裕なんかあるわけないし、そこに行くために自分のお金使うの馬鹿らしいよと言いたいが、無視することに。


向こうが旅費を送らない限り行く気はないし、そう宣言することで、奴の意志を確かめられる。

奴は「家族を養う為に自分が辛抱して頑張ってます。早く家族をこちらに呼び寄せ、一緒に暮したいと思っています」と、世間には嘘を言っている。



呼び寄せるどころか、遊びにもこさせない。帰宅するお金と時間があれば、実家か旅行にいく男。


仮に、呼び寄せたとしても、家族と同居したとたん、また逃げだすだろう。それがわかっているから家族は絶対に奴を追わない。


メールひとつで、勘ぐり過ぎ?いや、そういう男なのだ。


そこまで勘ぐっていなかった過去の自分は、沢山裏切られた。もう過去の私ではいけない。


20 4月

本質は悪人(2)

新婚当時、自己愛男は「お金返したくない時はさ、忘れたふりしてればいい。催促されたら返せばいい。」と言っていた。


そして独身時代に借りていたお金を踏み倒そうとしていた。




催促の電話がくると「あれっ?振り込んでなかったですか?ああ、勘違いしてました。すぐ振り込みます」と言って誤魔化していた。


そんな人間だったなんてと私はショックを受けたのだが、他にも豹変した事が多くて私は混乱していた。
奴は「演技力すごいだろう」と自慢していた。




そしてその演技も嘘なのだ。すぐに振り込まず、だらだらと遅れがちに送っていた。



そういう奴の本性を見ているから、奴のやりそうな事は予想がつく。

馬鹿というか単純というか、子どもの時から一度覚えた事を永遠と繰り返すのだ。


言葉にしてもそうだ。同じ言葉を何年も何回も使って人を説教する。



それも自分の体験から得た教訓ではない。自分が無いから、全て人の言葉の真似だ。


他人の体験を自分の体験とし、詐欺師みたいに人に話す。


良い人の真似ならよいが、悪いことばかり真似をする。
本質的に、悪い事が好きだと思う。人の苦しむ顔を見ると勝ち誇る様な人間。

なのに本人は、自分を善人と思っており、説教ばかりする。

自分が説教されるべき人間なのに。だから悪質で、被害者は心を病むことになる。






28 3月

車で遠出する

昨日、運転は億劫と書いたばかり。


急用で、ちょっと遠出をすることになった。



下道をのんびり走る事にした。荷物も持たなくでいいし、家から家まで車なのは楽だ。



車が古くて、不安だけど仕方ない。それも運転が億劫な理由だ。


自己愛男に、車が古くなって調子悪いから買い替えたいと以前相談したことがあった。


予想通り、嫌みを言われた。

奴のお金で私の車を買ったことはなく、奴の車を私が買わされた事はある。


お金すぐ返すから、立て替えといてと嘘をつかれ、そのままだ。




私の母が嘆いていた。

「あの人は、人のお金で生きようとする。人から何もかも奪おうとする。」



つくづく、自分が嫌になる。

ここまで奴に振り回された私の甘さを後悔。


億劫だけど、少しは気分転換になりますように。


気を付けて行ってこよう。






23 3月

自己満足のパフォーマンスが気持ち悪い

子どもが、父親の話題になった時に「実は…」と後から私に教えてくれる事がある。


全て、私の知らないところでの話だ。



その中で
「お父さんは、向こうに帰る時、いつも”家の事とお母さんを頼むぞ”と言ってくる。それがとても嫌なんだけど。そう思うなら自分が家を守ればいいじゃん。何で子どもに自分の責任を押し付けるの?自分はどうなんだ?と言いたい」

と話してくれた時もあった。


私に隠れてそうやってこそっと子どもに言う自己愛男の自己満足のパフォーマンス、気持ち悪い。



私の前で言わないのは、「お前が言うか」的な反発を受ける事をわかっているから。
自覚してるのに、態度では認めないし、子ども相手にパフォーマンスして自己陶酔。


子どもは、いくつになっても騙せると思っている。


”家族の為に出稼ぎに行き、常に家族の事を心配し、残す妻を思う夫であり、子どもを信頼し、自分の気持ちを託す誠実な父親像”を演じて自己弁護しているのだ。

ああ、気持ち悪い。ぞわっ(((( ;゚д゚)))



奴は自分が無いので、人まねをして生きている。

これも、ベタなドラマの真似だろう。格好良いドラマの父親に成りきっている。



自分の行動を考えたら、そんな事子どもに言えないと思うが、そうやって「素晴らしい自分」に酔い、自分を騙しているのだ。


子どもは、言われる度に腹がたつと怒っている。


「自分は父親の役目も何もせず、自分は好きにし放題で、子どもに家の事を頼むとかよく言うよね。人に頼む前にまず自分がやる事やれよと言いたい」

奴にもし、その場で言い返していたら、奴の反応は想像がつく。


「お母さんの事が心配じゃないのか。冷たいな。そんな人間に育つとは情けない」と言うだろう。必ずそういう嫌味=モラハラをする。



普通の父親の単身赴任なら、それでいいかもしれない。だが、うちは全く違う。


家族を困らせている本人が、何を気取って言うか!だ。

こういう人間と接していると心を病む。


何につけても、嫌な気持ちにさせる人。離れるのが一番良い。










17 3月

同級生への恥さらし

自己愛男の行動で、”笑ってしまう、こっちが赤面する”という場面がある。


これまでも書いてきたが、一番多いのは俺様自慢。



奴の性格を知っている人は、ああまたか、はいはいとうまく相手する人もいる。


奴の同級生には、他にも医師、弁護士などが結構いる。


ひがみっぽい自己愛男は「あいつらは、僕より成績は悪かった。」だの「僕より遊んでいた。裏口入学だ。」だの「頭が良いんじゃなくて、記憶力が良かっただけ」だの「エリートでも人間性が悪ければ意味がない」だの、「僕だって家が金持ちなら、医師になれていた」だの、嘘ばかりついて負け惜しみ満載で、まあ見苦しい。




同窓会に行かなきゃいいのに、格好つけていく。



惨めなはずなのに、ヘラヘラして嘘をついて見栄を張り、経営者ぶってくる。
(奴の事は友人間では知られており、誰も騙されない)


奴は自分は一流人だと自分だけで思っている。

かなり前の話だが、

奴が勝手にライバル視(妬み?)していた同級生がいた。

どう見てもその人の方が優秀で、仕事も成功し、今では確固たる地位についている。

その人が、同窓会で自己愛男にからまれて、うんざりし、「そうかそうか、僕は頭が悪いから君の言っている事理解できないよ。」と言って、その場から離れたらしい。


その日、帰宅してから自己愛男が言った。

「○○君も、やっと自分の愚かさがわかったようだ。自分の事を馬鹿だと言っていた。僕の言う事が難しくて理解できないと言うんだよ。その程度の頭でよくエリートと言えるよね、まあ、僕の能力をやっと認めて、自分の愚かさが気がついたようだからいいか」

本当に馬鹿だ。ああ、恥かしい。


自分の方が馬鹿にされている事もわかっていないし、それよりも、自分の事をよくそこまで褒めれるなと驚く。

何を根拠に?何をしてきた?仕事も家庭も無責任で中途半端で、どこが能力のある男?。


同級生は立派になり、自分は転職だらけで家族もまともに養ってないんだよ?
それを一番事実を知っている私に言う?




これは、"生まれながらにして、自分は人より上だという選民意識”を母親に植え付けられたせいなのか。

そうであっても、そんな事は無いと成長過程で気が付きそうなものだが。













25 1月

嘘だらけの自己PR

あきれた事は、大きく2つ。


1つめ。「自分は親孝行息子だ」と強調する。



「親に色んなことを教えられ、学び、お手本にしそれを実行している」
「お世話になった人々に感謝し、恩返しをしている」
「周りの方々から学ばせてもらっており、自分も人の為、世の為に貢献している」

と、自分の事を賛美しまくる。



真実ならどんなに立派なことだろう。


まず、「親から学んだ事を手本にして実行」には笑った。


奴の親は、子どもを見捨てす、常にそばにいて親としての責任は果たしていたぞ。
義父さんは、ちゃんと家族を養ってよく働いた人だ。どこを真似ているんだ?真似しているのは、別のところだろう。

自分がされて嫌だったことだけ真似しているんじゃないか。

少なくとも、奴よりはずっと立派だった義両親。
なぜ良いところを真似ないのか?それを自覚していないのか?

今までの自分の行動を、脳内変換して立派な行動だと思っているのか。反省とか後悔というものをしない人間だからなあ。


でないと、こんなひどい事を家族にしない。まともな父親なら子どもを見捨てない。

「お世話になった人に恩返ししている」?え?誰に?一番迷惑かけた親族に多額の借金をしたまま一度も連絡もしない、返す気もない不義理な男が?

今まで世話になった社長さん達を騙して、感謝するどころか裁判までして大喧嘩して恩を仇で返した人が、誰に恩返し?真逆ではないか。


奴は、何のしがらみもない他人の前では「不義理しております」とか軽く口にだし、ペコペコする。

SNSで知り合って、いつか会いましょうみたいな、そんな人にはそういう態度。


家族、親族には本当にダメな男と思われている。
迷惑をかけた人に、頭を下げたくないので、逃げる。


自分を責める相手が悪いとまで言い出す。不義理どころか、裏切っている。



それを知らない遠い関係の人の前では、やたらと謙虚な言葉や誠実さを自己アピールしている。


その中にはターゲットになっている人もいる。そのうち、その人も被害にあうのだろう。
出会えば騙し、寄生して裏切り、縁を切られ、また誰かを騙し…の繰り返し。

自分の事しか頭にない結婚不適合者。



誰かコメント欄に暴露してくれないかなと思う。



2つ目は、予想していた事だったが、怒りがわく内容だった。






プロフィール

りんご

主婦歴、子育て歴長いです。自己愛の強い夫に振り回される人生。長い間我慢してきた事を吐き出し、これからの自分の生き方も考えながら、あれこれ呟きます。

いつも有難うございます
♡よろしければポチッとお願いします♡ にほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ
人気ブログランキング