miyukikaku

りんごの嘆き

自己愛の強い夫が勝手に別居生活を始めて長い年月が経った。今後の自分の生き方を考えながら自己愛男への不満を呟く。

失敗話

2 3月

自己愛男の言い訳

ガソリンが減ると、「夜中に抜き取られた」


お金を使ったら、「誰かが盗んだ。」


追突したら「前の車が故意に追突させようと停止していた」



転職に失敗すると「友人が良い会社を紹介してくれないから」


肥満になったのは、「営業先でだされるお茶菓子のせい。肥満ではなくむくみだ」



自分より有能な女性社員がいると、「女だからね、色仕掛けだろう」




まだあった様な気がするが、こんな感じ。恥ずかしい無理な言い訳ばかり。



特に嫌なのが、女性差別。



知っている女性には、フェミニスト風。


自分に厳しい女性、自分より評価されている女性にはあからさまに嫉妬する。そして上記のような
「女の立場を利用した」と言って自分を慰める。余計にみっともない。



前にも書いたが、奴は運転が荒く、事故が多い。マナーも守らない事が多い。


なのに、人の事はけなす。

「(別居先の地域は)運転マナーが悪い」としつこく言う。「特に女性ドライバーは」が口癖。


そういう奴がマナーを守らなかったので、注意したら

「周りがあまりにひどいから、無意識に癖が移ってしまった。今はこれでいいんだよ。」


と自分に甘い。
自分のしている事を他人に投影して批判ばかりする。



(何を言っても、負け犬の遠吠え、妬み、嫉妬にしか聞こえないよ。)と心の中で笑う私である。













1 2月

自分を投影して社長の異常さを訴える

自己愛男が絶対私に見られたくなかったであろう封書が来た。


私が家にいる時でよかった。



奴宛の書留で届いた。

郵便配達のお兄さんに「受け取り拒否したいのですが」と言った。

自分の人間関係では、一生こんなことは無いだろう。奴と家族になったばかりに嫌な事ばかりが続いて、不愉快な気分だった。


ペンで「受け取り拒否します」と書かされ、名前も書いた気がする。


その場面を息子に見られた。

「はあ、また親父はろくでもない事したんだろう」と愚痴っていた。情けない親だ。


奴は放浪者みたいな気楽な身分、こっちは長年住んでいる住居、郵便屋さんとも顔見知りだ。



訳アリと思われるのも恥かしくて本当に不愉快だった。

奴にそれを言っても、論点をずらす。自分は潔癖、有能、誠実なんだと猛アピール。うんざりする。



後ろめたくないなら、普通に受け取って、中を開けずに返送すればいいではないか。

奴の意志を無視してそうすればよかったか。


とにかく、私が勝手に中を開けて見られたら困ることが書いてあったのだろう。

奴あての郵便物はそのまますぐに転送している。何も言わなければいつも通りに転送しただろう。



社長からの手紙がこっちに来る事がおかしいから、私が不審に思ってこっそり読むと思ったのか。


馬鹿馬鹿しい。


結局、その封書は社長の手に戻り、直接奴に渡されたらしい。

もう昔のくびになった会社との話だ。

くびになる度、その時の社長の異常さを訴えて言い訳をする。

一度だけならともかく、どこに入っても結果が同じなら、原因は自己愛男だろうと誰でもわかる。

相手に自分の事を投影しているのだ。
異常なのは自分だと認めない。

「あなたは、その社長によく似ているよね」と奴に向かって私は呟き、けっして味方にはならない。





           



                                
        ■フランスのコスメ賞で大賞を受賞した人気のスカルプケアソープ
                        
31 1月

家族への嫌がらせらしき郵便

嫌な郵便物といえば、3年前位に自己愛男から慌てた様子で
「社長から郵便がくると思うから、受け取り拒否してくれ」と電話がきたことがあった。



もううんざりだった。


配達がいつくるかもわからないし、子どもしかいない時に来たらそんな事させられない。



もうトラブルには関わりたくなかった。

地元にいた時、奴と関わった人からどれだけ苦情や嫌がらせを受けて、尻拭いをさせられたか。


社長は奴が自宅にいるわけないとわかった上で(会社で会っているのだから)あえて私が見る様に、意味深に奴あての郵便を送るのだろう。

それを何もしらないはずの私が受け取り拒否したら、奴が手をまわして私にそうさせたのが見え見えだ。


つまり、妻も夫と同類と思われる。私は奴に原因があると思うからかばう気はない。


奴は、おそらく内容を私に知られたくないのだ。

私に何か知らせたい社長、その内容を私に絶対知られたくない自己愛男。


何が書いてあるのか聞いても「社長は僕に嫉妬しているんだ。僕に嫌がらせしても堪えないから、家族への嫌がらせまで始めたんだよ。そういう人なんだよ。」と言うだけだった。








28 11月

無駄な裁判劇

自己愛男の起こした裁判は当然勝てるわけもなく、2回共負けている。

使ったお金も時間も、失った人間関係も返ってこない。

取れるはずと奴が言い張っていたお金も当然無い。


奴はただ言い訳に必死。絶対自分は悪くないと言うだけ。


この頃、子供の学費など一番お金がかかる時だった。そんな事は全く頭に無く、家族は後回し。

それどころか、「裁判で稼ぐはずのお金で学費を払う予定だったから、出せない」と言い出す。
「悪いのは裁判官と相手だ」と責任をすりかえる。



奴はこれまでどれだけこんな風に無駄な事をして、時間もお金も信用も捨ててきた事だろう。

        
 
              新春!特選おせち【みんなのお祝いグルメ】                                  
裁判中に奴が私に自慢気に聞かせた録音テープがある。

内容は相手方の弁護士との会話である。

その中の奴の態度にはぞっとした。



27 11月

すぐに裁判にする

自己愛男の頭がまともじゃないなと思う事の一つに、何でもすぐに裁判をしたがることだ。
私の記憶では2社と裁判している。


自分の営業成績が悪く、給料が下がっても反省もせず、開き直るのでどこで働いても続かない。

社長からくびを言い渡された時も、不当な解雇だの、多額の退職金を請求するだの、色々こじつけて不自然なお金の請求しようとして裁判所に訴えを起こした。

当然調停も不調、示談にも応じず裁判になった。


お金も無いのに。
裁判にすれば、簡単に大金を取れると思い込んでいた事自体頭がおかしい。                     芸能人ブログでも紹介


私は何も知らず、わかった時には手遅れ。奴はとにかく「絶対勝つに決まっている」と言うだけ。

いっさい人の忠告を聞かない。


家族の生活費もけちるのに、裁判にお金を使う神経のおかしさ。

自分の成績が悪いのは数字であきらかだし、態度が悪いのも会社に嘘をついている事も明らかなのに、「絶対自分が正しい、社長は自分が優秀だから嫉妬している」と言い出す。


そして弁護士もつけず、自分一人で勝てると言い張っていたが、相手は企業で、プロの弁護士だ。勝てる訳がない。
私もそう言って、示談するように言ったが、キレて「何もわかっていないくせに、金がほしくないのか」と言われるだけだった。


24 10月

何も任せられない、できない男

ある保険の更新時期がきた。

昨年、自己愛男のかけている保険と私の保険内容が重複しており、私の分をカットした。

奴には、そのまま内容を変えないように念をおしていた。



その後、「あの保険、別の会社にかえたから」と言ってきた。内容はそのままよねと聞いたら、「多分」と言う。

嫌な予感がしたので、証券みせてと頼んだ。が、数か月たっても見せない。


何回も催促して、やっとメールで送ってきた。



証券が半分しか見えない。見えないから全体を見せて、と言うと、再送してきた。

また同じもの。半分だけ。しかも関係のない別の保険。



数か月かけて送ってきたのがこんな状態。



再度、送る様言うと、やっとちゃんとしたものが届いた。


なんと、奴の保険で家族の分も補償していたはずの一番大事な部分が、カットされていた。
家族は補償しないように変更されていた。


何もなかったから良かったものの、もし家族に何かあった時、でるはずの保険はでなかった訳だ。


念をおしていたのに、わざわざ変更するとは。だからなかなか見せなかったのか。


当然文句を言った。とぼけるし、そのうちやっとくよ、とごまかす。


「もし今何かあったら、かかる費用は全部あなたにだしてもらうから。」と言ってやった。
奴はとぼけて、「担当者が勝手にかえた」と言い訳した。


「保険会社のせいにはできないよ。人任せにしたのが悪いのよ。」とも言った。


「責任とってもらうから。」と言われるのが嫌なのか、それっきり黙ったままだ。
今まで、私はこんな言い方したことはなかった。

最近、言いたい事を言う事にしている。奴のペースにはのらない。


それにしても、全く成長してない。

結婚以来、今まで何を頼んでもずっとこんな調子だった。

言われた事をほったらかす。何回も言わないとやらない。やった事も間違っている。指摘しても再度間違う。


訂正をすぐにしない。言い訳をして誤魔化す。


そのまま、どうしたのか報告もしない。



これでは、仕事ができる男とはとても思えない。


なのに、自分はできる男だ、エリートだ。と上から目線なのだからどうしようもない。



こんな男だから、大事な事は頼めないのだ。頼むととんでもない事になる。


自分のせいでどんな迷惑をかけても、絶対謝らない。頼んだお前が悪いと開き直る。


これで、今何とか稼いでいるのが不思議だ。そのうちまたくびになるのでは、と不安が消えない。








自宅で簡単にできる歯の薬用ホワイトニング美容ジェル。
タバコを吸う女性の歯の黄ばみ、口臭にも高い効果
11 7月

子供のお使いよりひどい

昨日の続きになるが、自己愛男はしかたなく、役所で手続きをして、証明書の発行を頼んできたようだ。


しかし、安心はできない。昨日書いた様に、何をしてもまともにできない男である。人のメールもちゃんと読まないで行動するし、失敗しても人のせいにするし、ちゃんとやったと報告してきても、やってない事が多すぎる。



まさかとは思ったが、一応確認した。役所に行く前に、もらう証明書を間違わないように念をおした。


なのに…、やっぱり…。


違う物を申請して帰ってきたようだ。あ~あ。


どこまで馬鹿なんだろう。子供のお使いよりひどい。


こんなだから、次々とくびになるんだろう。


今回は、自分のミスが原因でややこしくなり、電話でミスをし私を振り回した後の更なるミスなので、素直にまた申請し直すようだ。


しかし、言い訳はあいかわらずで、人のせいにしていた。「自分は意地悪をされてる」とまで言う。


こんな人が旦那なんて嫌だ、恥かしいと憂鬱になった。


おそらく役所でも威張った態度で申請しているのだろう。

自分は頭が良くて、人より上だが、世間の人はなかなかわかってくれないと思い込んでいる。

私に対してもそう思っている。


だが、今は、少しおとなしい。そう、送金がまだだからだ。催促すると少しづつ送るが、全然足りない。私から催促されたくないから早く話を終わらせたいようだった(笑)。







           

  
10 7月

勝手に人の名前を使う

自己愛男の関係で、課税証明書が必要になり、役所に行った。


いつもならすんなりもらえるのに、今年は自己愛男の分が出せないという。


どうやら会社から、所得の申告されていないようですとの事。


はあ?源泉徴収票はあるのに。


自己愛男にメールしたくないが、せざるをえない。


奴に調べてもらうと、会社はちゃんと申告したという。役所は届いてないという。知らんがな。急いでいるのに、何やっているんだ。


その日はそれで帰宅し、直接自己愛男から役所に連絡してもらった。
結果、私が代理で担当役所に再申告にいけば即解決だ言われたと奴からメールがきた。


そして、翌日行ってきた。すると、話が全く違っており、自己愛男は適当なことを私に言っていた事が判明。

役場に電話したのは本当だが、全然違う所にかけており、ただの相談をしただけだった。訳のわからない役所の人は、自己愛の話をきいて、もしそうならこうすればよいかもしれませんねとだけ答えたのだ。

それを、まるで、担当部署に連絡して、手続き方法を聞いたかのように言ってきたのだ。



おかげで、また一から説明し、しかも、私ではどうにもできず、自己愛男がいい加減に書いて提出した書類だったため、申告したはずが、保留のままだったらしい。しかも、提出先を間違っており、納税先まで変更になり、面倒なことになった。



結局、私は無駄に2日間、エネルギーを使った。奴は他人事。



こんな事は、今までも良くあった。ちゃんと控除の申告をせず、払わなくてもよい税金を払う寸前で、たまたま私が気が付き、修正させたり、確定申告の計算を間違えて居たり、私の住所を奴の別居先に勝手に変えられていたり、しょっちゅう面倒に巻き込まれている。

ひどかったのは、勝手に私の名前を使って、ねずみ講みたいな副業をしようとしていたことだ。すぐに、取り消しさせたが、馬鹿男だと思う。



転職ばかりしているのが一番悪い。



結局、奴が別居先の役所で申告し直さないといけないとわかり、早く行って、証明を急ぎ郵送してもらうようにとメールした。


本来は、向こうのミスだから、向こうがさっさと行動すべき事なのだ。



急いでいるのに、それも、奴が準備する書類。なのに、返事もせず、知らん顔である。



転職もせず、普通のサラリーマンで、別居もせず、まともな旦那さんなら、何もこんな事であたふたすることはないのだ。


収入金額だってどこまで本当かわからない。お金は全て奴が握っている。

子供の学校の保証人とか、アパートを借りる時の保証人などで、親の職業を書いたりするたび、書く内容が変わったり何をしているのかもわからなかったりして、子供は恥ずかしいと嘆いていた。


最近では、子供は、父親が自分の名前を勝手に使って、悪い事をしないかと心配している。

こんな風に思われる父親ならいない方が精神的にはよいのではないかと思う。
情けない話だ。

結婚してから、一日もゆったりと安心して過ごしたことはない気がする。何の為に結婚したのかわからない。


こんな事もまともにできない男とは、早く縁を切りたい。脱税だの、そのうち巻き込まれるのではないか。


奴にずっと縛られ、嫌がらせをされながら、子供を守る事だけを考え、必死に過ごしてきた。


気がつくと、もう老後が目の前。やり直すには経済的に無理がある。



怒りがまた沸いてきた。





        




     
25 5月

自己愛男が間違えて送ってきた物


昨年、自己愛男に、大事な書類の郵送を頼んだ。

中々送ってこないので催促したところ、書類では無く、小さな犬の餌の袋(しかも犬はもういない)が送ってきた。それに混じってごみみたいな紙が、ぐちゃぐちゃと一緒に封筒に入っていた。


こういうところが、奴の異常行動というか、だらしないところだ。


おそらく部屋は、ゴミ屋敷状態だろう。封筒に、部屋の臭いがしみついてて臭い。宅配便を送ってくる時も、同じ臭いがする。



(なのに、高い掃除用の洗剤を買っていると自慢していた。買うだけで満足して、掃除なんてしない。)
私の住所が奴の所になっている郵便物もあり、催促しないと転送してくれない。


何回言ってもとぼけていて、やっと送ってきたと思ったら、ドロみたいな汚れがべったりついていたりする。


なので私は、内緒で転送届けをだして、郵便物はこちらに自動的に転送されるようにした。

私宛に転送されてきた物は、すぐに住所変更するように奴に連絡するが、口だけでなかなかやらない。


一部の事だけだから良いけれど、迷惑な話だ。


逆に、こちらに届く奴あての郵便物は、世帯宛の物以外は即転送する。関わりたくないので。


先日、全く意味のわからない話を自己愛男がしてきた。

そんな話、知らないと言うと、「知ってるだろう。この前僕あての郵便物を見ただろう。あの中身を知らないはずがない、嘘だろう」とムキになって言われた。


奴あての郵便なんて即転送するし、頻繁だから、いちいち覚えていない。


都合の悪い物は、自宅に届かないようにしているはずだから、こちらに来るのは、事務的な案内ばかりだ。

中身なぞいちいち、気にせずにいる。気にもしたくない。



「中身を空けてみる訳じゃないし、いちいち覚えてもいない」と言い返したが、奴の妄想は消えていない様子。


おそらく、自分がそうやって人の物をのぞくから、人もそう見えるんだろう。


「そこまであなたに関心ないですよ。」と心の中でつぶやいた。

いざとなった時に、証拠として使えそうな物が届かないかなあとは思うけど(笑)


そうそう、さっき書いた、奴が間違えて送ってきた物の中に、領収書類がごちゃとまじっていた。
振り込み済の用紙と、交通違反切符が2枚、入っていた。

見ると、1枚目の違反の3日後に、また別の違反で捕まっていた。


あんなに、「交通マナーが悪い人が多い」だの、「もう一度自動車学校で学び直せ」だのと、他人の批判ばかりしているのに、自分はこのざまだ。



おそらく、これはたまたま間違えて送ってしまったのだろうけど、他にも違反は沢山していると思う。


自分の失敗を打ち消す為に、他者を非難する。見苦しい。


何回も事故もしているが、人のせいにして反省なし。

違反すれば、罰金がそれだけかかる。そうやって奴だけが、お金を浪費する。


もし、私が同じ違反をして、罰金のお金送ってほしいと頼んでも無視するだろう。お金がもったいないだの嫌味だらだらだろう。自分に超甘く、自分以外の人間に厳しい男。



奴には、この紙の事は言っていない。むこうもだらしないから、送ったことに気が付いてない。


私にばれているのに、また偉そうに説教垂れるんだろうか。


ばれたら、警察がおかしいだの、色々言い訳するんだろうな。












    
4 5月

詐欺に騙され続ける詐欺男

うちの自己愛男は、連休も自分だけこっそり旅行をしているわけだが、またインチキな詐欺商法に騙されて、そのツアーに参加しているようだ。今までも色んな詐欺商法を信じてきており、内容は高校生でもわかる事を最もらしく言ってるだけなのに、自分は、特別な事を学んでいて、価値あることと思っている。


どう見ても怪しいのに、すぐとびつく。
こんなに詐欺が横行しているのに、全く疑わないのが理解に苦しむ。

普段、「僕は誰よりネットや新聞などで情報を先取りしていて、色んな知識を得ている」と言っているのだ。なら、まずそのセミナーを検索すればよい。詐欺と出てくる。


かつて、知人にのせられ、(お世辞、上手い稼ぎ話)すべてを奪われそうになり、私が夫を止めたが、ぐずぐずしているので、乗り込んでいったことがあった。

そこで、なんとか縁を切らせ、無事被害にあわずにすんだ。



知人は夫に、多額の資金を用意させ、「一緒に事業をやろう、君なら成功する。」「すぐに稼げる。君は能力があるからできる、期待する。」という言葉で調子に乗せて、お金だけださせて、逃げるつもりだったのだ。
自己愛男は、とにかくお世辞に弱い。騙すのは簡単だ。

能力が無いのは、私が一番知っている。こんな人をそこまで褒めるのはおかしい、と感じた。


夫は、私に内緒でこの話にのっていた。

だが、次第に、知人と話が食い違ってきて、迷いだした。

迷う夫を説得する為に、知人は夜中まで引き留めた。




毎晩帰宅が遅くなり、私が問いただし、その話がわかったのだ。


乗り込んだ時、その知人が言った。

「ご主人は、自分だけ実家に帰って、親に食わしてもらおうかなとこぼしていたから、励まそうと誘ったんですよ」

自分だけ実家でニートを望んでいたとは、あきれたが、その時は、それどころではなかった。


私は知人にこう言った。「なぜ、この人を選んだのですか?能力を評価するとか、ほめていたようですね。残念ながら、それは計算違いのようですよ。この人と組むと失敗しますよ。いいんですか?」

その知人は、「文句があるのか」と強気な態度だったが、予想外な私の言葉に驚き、次第に変わってきた。

私は、さんざん夫の事をけなした。

「この人は口だけでダメな人です。今まで何回も色んな人に迷惑をかけてきました。あなたは、夫に騙されていますよ。私は、これ以上、他人様に損害を与え、迷惑をかけたくないから、今日お断りに来たのです。」


「どうしても、やりたいとおっしゃるなら、失敗した時の責任は誰がとるのかここで決めて下さい。
夫は迷っています。私は反対です。それに、夫が自分を良くみせようとしているようですが、資金を用意する力は全くありませんよ。夫に騙されてはだめですよ。」

と訴えた。夫は黙ってヘラヘラ笑っていた。「実家でニートしたい」の話をばらされて慌てていたせいもある。


やがて、知人が本音を言いだした。
「そうですか。やっぱりそうだったんですね。いやあ、能力があるみたいにご本人が言うから様子みていたけど、やっぱりダメな人なんですね。実は、こんな人で大丈夫かとこっちも不安だったんですよ。
そういえば、この前も失敗していたし、バカだなと思っていたんですよ」


それを聞いた自己愛夫は、表情が変わり、騙されていたと気がついたのだ。

この時、知人に私が話した内容は本音だったのだが、夫は「僕を助ける為に、わざとあんな事を言ったんだね。うまいね。ああいう作戦があったのか。あいつは、僕を騙そうとしていたんだな。僕の事を、あんなにほめていたのに、急に悪口言い出して最低だ。」

と、脳内変換して、ヘラヘラしていた。

そんな事があったのに、すぐに忘れ、今でも自分は凄い男だと思っている。


それなのに、次々とまた詐欺に引き寄せられていく。


奴は自分の失敗から学ばないし、全て自分の信じる事は絶対正しいと思っている。

反省という行為がどういうことがわからない人間だ。


違和感を感じないその神経がおそらく奴と詐欺師と同類なのかも。抵抗がないのだろう。



「簡単にお金が儲かる」「すぐに起業して楽に稼げる」的なセミナーが大好きだ。

そんなの怪しいとタイトルだけですぐわかる。必ず、夢みたいな儲けた体験談が書いてある。そんなに簡単にざくざくお金が入るなら、世の中みんなこのセミナー受けて全員金持ちだよ?



今までもお金だけとられて中身薄っぺらな本を買わされたりしたのに、気がついていない。

本の内容や言われる内容があまりにも薄く、レベル低いなら、気がつくだろう。奴は気がついていないからおかしい。私が見ても、なんじゃこりゃだった。どれだけ馬鹿なんだろう。


でも、奴は、これは、「大事なノウハウが書いてある」と、大切に置いている。

かといって、読んでもいないし、活かしてもいないし、儲かってもいない。

それなのに「勉強しているから僕は他の人と違う。皆だめだね」と自慢する。何を勉強してるのか?


書いてある事は「強く願いましょう。そうすれば、ザクザクお金が入ります」?

それを人に「教えてやろう。強く願うんだよ。君は知らないから教えてやる」と言うから、恥かしくてしかたがない。

そんなことにお金を使う事が、家族の生活費より優先されるのも呆れてしまう。







プロフィール

りんご

主婦歴、子育て歴長いです。自己愛の強い夫に振り回される人生。長い間我慢してきた事を吐き出し、これからの自分の生き方も考えながら、あれこれ呟きます。

いつも有難うございます
♡よろしければポチッとお願いします♡ にほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ
人気ブログランキング