miyukikaku

りんごの嘆き

自己愛の強い夫が勝手に別居生活を始めて長い年月が経った。今後の自分の生き方を考えながら自己愛男への不満を呟く。

サイコパス

16 9月

また台風の被害を期待している?


台風が日本列島を縦断しそうな気配で、勢力も強そうで、憂鬱である。


自己愛男は、普段は大事な事すら連絡しないのに、災害が起こりそうな時は、すぐ連絡してくる。
それも、ウキウキした感じで。


まだ台風はきていないのに、大げさに「大丈夫?」と言われても、わからない。

こっちが困る事や、被害にあう事を期待している気さえしてくる。



最近は、試しに「大丈夫ではない」と返してみる。予想通り、それについては返答しない。
「対策を教えてやる」という態度をとるだけ。
誰でも知っている常識を、自分しか知らないと思って、上から目線だ。うざい。

本当に家族の人生を狂わすほどの、大事な事はいっさい話さず、内緒で好き放題してきた男。

どうでもいい、わかりきった事は、だらだらと偉そうにしゃべる。



まあ、むこうでは、

「僕がいないから、何もできない妻が不安がって大変だった…。そばにいてあげれないから辛い」とかなんとか、嘘八百言うのだろうな。
嘘をつく時、ぞっとするようなキザなセリフも平気で言う。


それだけでない。


売れ残りを貰って、一人では処分できない品を、こっちに送ると言う。

到着日を聞くと、ぴったり台風が上陸しそうな日に合わせているのだ。


台風大丈夫とか心配するふりして、上陸する日に届けようとするのは、どういう神経か?



今すぐ必要のない物だし、欲しい物でもない。


台風でドアも開けられない、段ボールはびしょぬれだろう、そこまでして送る必要はない。


嫌がらせか、無神経か。


送るのはやめてくれと返事したが、無視だ。

しかも、「送ってやるよ。感謝しろ。」的な言い方。
「家族に送り物をする良い夫だぞ。」という自己満足の行為であり、感謝を押し付けてくる。

人に世話になっても感謝しない男が何をほざくか。


奴は、自分のお金で買った物を送ってきたことはない。
処分に困って、あるいは、使い古して飽きた汚い物まで送ってくる。そして自分は欲しい物を買う。


私の実家にも同じ。処分に困った物を恩着せがましく、一方的に送りつける。


以前、もう送らなくてよいと、実家から断りがきたのに、無視してまた送りつける。
気持ちが全くこもっていないし、押し付けだから迷惑なだけ。


段ボールの中は、物を放り込んでいるだけで、ぐちゃぐちゃで、贈り物とは言えない。


お金を使わず、ただで手に入れた物で、相手に恩をきせられてラッキーと思っている。


借りも全てチャラになると思っている。


「そんな物はいらないから、早く送金して」と言い返した。

お金は言わなきゃ送らない、扶養しない、送ってきても一部のみ。
でも、不用品は勝手に送ってくる。
大事な事は話さない。でも、どうでもよい事はしつこく話してくる。


職場でもそうなんだろうな。迷惑かけているんだろうな。


どうにかして、奴の思う事、言う事、行う事が全て因果応報になって奴に降りかかってくれないかな。









15 8月

サイコパスで何が悪い だと。

終戦記念日。



こんなに早く、戦争の危機を感じる時代がくるなんて思わなかった。



世の中、サイコパス、人格障害の人が権力を握るとこうなっていくのかなあと恐怖を感じる。



かなり前だが、うちの自己愛男に、サイコパスの話題をしたことがある。



すると奴はこう言った。
「世の中、人格障害、精神病、サイコパスだらけだよ。それが今の世の中普通なんだよ。僕もそうかもしれないよ」とニヤッと笑ったのだ。



「サイコパスで何が悪い。それが普通じゃないか」と言っている様だった。



奴は、そういう事にあこがれる。自分はそうかもしれないと言って、怖がらせて楽しみ、「だから何をしても許される」と開き直る。



自分に都合悪い相手には「あいつはサイコパスだ!悪人だ!」と言いふらし、自分は常識人で被害者と言う。自分の都合に合わせて立場を変える。


何だか、奴は、サイコパスとか人格障害という価値も無い、もっとつまらないただの弱虫男に思えてきた。




飽きのこない定番が見つかるファッション通販サイト【aimoha】

口臭・体臭にはshunax
19 3月

サイコパスにとって家族は「物」と同じ

サイコパスになる原因はどんなものなのだろうか?


 大脳皮質で感情的な情報を処理する能力に欠けて居るが、50%は遺伝であるという。残り50%は、幼少期に育児放棄されたり、愛情不足 な環境が原因とも言われたり、否定されたりで、まだよくわかっていないそうだ。



サイコパスの特徴を調べれば調べるほど、あてはまる例があって、驚く。

例えばこういう表記だ。


…サイコパスは、相手に「利用価値」が無いと判断すると、何のためらいも無く人間関係を放棄する。

例えば容姿に惹かれて交際している相手の外見が少しでも変わった途端に全く見向きもしなくなったり、自分の生活を支えてくれていた家族や恋人が金銭的な援助をしなくなると、あっさりと姿を消して二度と姿を表さなかったりする。
 自分の恋人も伴侶も、そして子供やペットも、サイコパスにとってはせいぜいアクセサリーや時計、車というような「物」と同じくらいの意味しか無い。(サイコパスとは何か?-私たちが知っておくべき善意を持たない人々-より)


これ一つとってみても、夫そのままではないか!
自分にとって利用できる時は口では調子の良い立派な事を言っていたが、いざ失敗したり、責任や義務がかかってくると、豹変し、さっさと逃げている。
それでも、自分では全てが美化され、非難する人は自分を陥れる悪人だと思っている。

酷いサイコパスは、犯罪を犯すのだろうが、普通に世の中に紛れていて、良い方向にいけば、事業を成功させたりしているサイコパスもいるという。政治家にも多いかもしれない。

そこまでいくならまだ良いけれど、うちのは中途半端で、口だけは大ほらふきで、何もできない人間だ。

サイコパスという価値もないかもしれない(笑) 

プロフィール

りんご

主婦歴、子育て歴長いです。自己愛の強い夫に振り回される人生。長い間我慢してきた事を吐き出し、これからの自分の生き方も考えながら、あれこれ呟きます。

いつも有難うございます
♡よろしければポチッとお願いします♡ にほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ
人気ブログランキング