先日、自己愛男からケチな振り込みがあってから、不足分を催促しようとしたが、音信不通になっている。



何か都合悪い事、こそこそする時はいつもそうだ。



4日前から連絡がとれない。電話もでない、メールも返事ないし、毎日書いているブログもその日から書いていない。



先日、「すぐに振り込むよ」といういつもと違った返事に違和感感じたが、そういうことか。



こちらにはケチったお金を自分でまた何か遊びに使っているのだろう。


旅行かな。いいご身分だなあ。

おそらく、後からこう言ってくるだろう。


「お金が無くて、送金できなかった。毎日まともに食べずに仕事に追われている。」と。
聞き飽きた。まだそれで騙せると思っている。


子どもには一円もやりたくない父親が、嘘ついてまで自分だけの楽しみを優先する。


何が楽しいのだろう。いつも一緒にいて子育ての気分転換ならまだわかる。



全く子育てをしてない、家庭にいない男が、少しは後ろめたさを感じないのかなと思う。



奴の頭は、後ろめたさでなく、いかに文句を言われないようにするか、いかに騙すか、それしかないのだ。子どもとの思い出が無い事に何も感じない。

姑の性格にそっくりになってきた。

浪費がひどく、長男以外には一円も使いたくない人だった。ましてや孫も嫁にも情が無かった。



姑は被害妄想がひどく、よく人を怒らせるトラブルメーカーだった。
奴は姑に愛されたくて、言いなりだった。


姑のおかしな行動も、「母は正しい。お手本にする」と今でも言っているのだ。



ということは、もしかしたら、老後は奴も姑の様に妄想が悪化するかもしれない。


もし、そうなったら限界だ。

世間に何と言われても、絶対奴を救いたくない。地獄までの道連れはお断りする。