miyukikaku

りんごの嘆き

自己愛の強い夫が勝手に別居生活を始めて長い年月が経った。今後の自分の生き方を考えながら自己愛男への不満を呟く。

2017年11月

30 11月

次の段階のメールをうつ

先日催促メールをうってから、返答無し。


支払い日がきたのに無視している。私が何とかするようにしむけてくる。



次の段階に入るしかない。


支払日がきたけど、私は何もできない事を伝える。


そして、「なぜ支払いをしないのか、メールを無視するのか」を質問したい。(送るメールは証拠として残すので、相手の行動を書き残す。)


「次はちゃんとすると言っていた事、信じていた。なぜこんな目にあうのか理解できずに戸惑っている」風に書く。


奴は言い訳する時に必ず「来月は大きい話が決まるから沢山お金が入る」「次は絶対…」と嘘をつく。

バツが悪くなると自分の弱味を消す為なのか、必ず自分を大きく見せる嘘をついて誤魔化す。


何十年もそれを繰り返し、もう現役も終わろうとしている年齢でまだ嘘を言い続ける。



久し振りに少し長めの思い詰めた様なメールを送った。


とにかく、私をあてにできない事を自覚してもらわないといけない。

自分を過大評価し、相手にもそれを押し付ける人間は、自分の能力を低く評価されるのを異常に嫌う。

評価を落とす行動ばかりしているのに、自分を評価しろ、自分の能力を評価しない人間は愚かだと言う。


それは奴の弱点だと思うのだ。そこを刺激したら良いのではと思う。








29 11月

頭がイカレている

何でも録音する自己愛男。

人との会話をこっそり録音していて、自慢気に私に聞かせていた。


いかに自分が用意周到で、できる男か見せつけ、反対する私に「裁判は自分が有利だ」と必死で見せるパフォーマンス。


弁護士をしている友人から、「相手が君を怒らせるような事を言ってきても、軽く笑って流す位の余裕を持って」とアドバイス受けたらしい。

すると、奴は「何でも笑って答えれば勝てるのだ」と思ったらしい。


相手方の弁護士とのやりとりをこっそり録音し、私に聞かせてきた。

すると、相手が真剣に交渉しているのに、奴はそれに対して「わーっはっは!」と笑っているのだ。
「ひーひっひ!」とお腹を抱えて笑ったり、その声は異様すぎた。


相手の弁護士も、こいつは性格異常と思ったに違いない。憮然としていた。


奴は「ほら、アドバイス通りに笑ってるだろう。これで勝てる」と言っていた。

そういうアドバイスではないし、違う解釈をしてそのまま実行するおかしさ。

全くおかしくないところで、あんなに笑える事が異常だ。嘘つきだから演技は得意だろうが、普通に考えても場違いすぎる。

本当に自己愛男は頭がいかれている。

       
       砂糖不使用・保存料無添加【さらっと飲みやすい糀の甘酒】



        
        

          
28 11月

無駄な裁判劇

自己愛男の起こした裁判は当然勝てるわけもなく、2回共負けている。

使ったお金も時間も、失った人間関係も返ってこない。

取れるはずと奴が言い張っていたお金も当然無い。


奴はただ言い訳に必死。絶対自分は悪くないと言うだけ。


この頃、子供の学費など一番お金がかかる時だった。そんな事は全く頭に無く、家族は後回し。

それどころか、「裁判で稼ぐはずのお金で学費を払う予定だったから、出せない」と言い出す。
「悪いのは裁判官と相手だ」と責任をすりかえる。



奴はこれまでどれだけこんな風に無駄な事をして、時間もお金も信用も捨ててきた事だろう。

        
 
              新春!特選おせち【みんなのお祝いグルメ】                                  
裁判中に奴が私に自慢気に聞かせた録音テープがある。

内容は相手方の弁護士との会話である。

その中の奴の態度にはぞっとした。



27 11月

すぐに裁判にする

自己愛男の頭がまともじゃないなと思う事の一つに、何でもすぐに裁判をしたがることだ。
私の記憶では2社と裁判している。


自分の営業成績が悪く、給料が下がっても反省もせず、開き直るのでどこで働いても続かない。

社長からくびを言い渡された時も、不当な解雇だの、多額の退職金を請求するだの、色々こじつけて不自然なお金の請求しようとして裁判所に訴えを起こした。

当然調停も不調、示談にも応じず裁判になった。


お金も無いのに。
裁判にすれば、簡単に大金を取れると思い込んでいた事自体頭がおかしい。                     芸能人ブログでも紹介


私は何も知らず、わかった時には手遅れ。奴はとにかく「絶対勝つに決まっている」と言うだけ。

いっさい人の忠告を聞かない。


家族の生活費もけちるのに、裁判にお金を使う神経のおかしさ。

自分の成績が悪いのは数字であきらかだし、態度が悪いのも会社に嘘をついている事も明らかなのに、「絶対自分が正しい、社長は自分が優秀だから嫉妬している」と言い出す。


そして弁護士もつけず、自分一人で勝てると言い張っていたが、相手は企業で、プロの弁護士だ。勝てる訳がない。
私もそう言って、示談するように言ったが、キレて「何もわかっていないくせに、金がほしくないのか」と言われるだけだった。


26 11月

どうしてあんな男と…と言われた

別居する少し前だが、自己愛男の仕事仲間から言われたある言葉。


「どうしてあんな人と結婚したのですか。奥さんが可哀想でたまりませんよ。苦労されてるでしょう」


家族ぐるみの忘年会の日だった。

数家族で楽しく賑やかに会食をした後、帰り際に言われたのだ。

出口でそっと、声をかけられたのがこの言葉。


この人とは奴は仲が良さそうだったし、何か恨まれるような事をした事もなかった。だから突然そんな事を言われるのは想像もしなかった。


その後、別の人からも言われた。

「ご主人は、奥さんが稼ぐから自分はいくら借金しても大丈夫だと言っていましたよ。」
当時、乳児をかかえ上の子もいた為、パートがやっとだったのに。給料は保育料に消えていた時だ。そんなはずはない。

その人は、その嘘を信じてお金を貸したそうだ。

私から返済してもらうつもりが、奴の嘘がわかり、実情をみて私に同情したようだ。私には一切奴の借金の事は言わなくなった。
私は同情されてばかり。


更にまた別の人から、「ご主人は、”自分の好きな事をして失敗しても平気だ。破産したら実家に帰って親に食わしてもらう。妻子は勝手にでていくからほっといて大丈夫。だから一緒に起業しましょう”などと言われた。ひどい人だね。奥さんも旦那さんと同じタイプかと思っていたら全然違った。あんな人とは仕事できないよ。あなたもこれからの人生考えた方がいいんじゃない?」

と言われたこともある。


共通して言われるのは、「聞いた事と違った。奥さん、普通の人ですね。どんなに悪い人かと思っていた。」ということ。


自己愛男は、自分の話を信用させるためや言い訳などに私を利用していたのだろう。
学費もださないのに、子供にお金がかかると嘘を言ったり、妻が浪費癖があって借金してとか、詐欺師だ。

今は、離れているのでもっと作り話をしていることだろう。

でも、言えば言うほど、まともじゃないと思われるだけだ。家族から逃げているのは誰が見ても明白だから。





首や顔、デコルテなどのイボ、角質のポロリケア♪クリアポロン




25 11月

嘘のメールにもう騙されない

催促のメールと言っても、命令口調ではなく、短くあっさりした言葉でうつ。


それで、反応が来ることはまず無い。気が付いていないふり。


ラインなら既読したかわかるのだが、私がラインしていないと思っているのでそのまま思わせている。

奴はスマホをいじれなかった。

私が数年前から使っているのも知らず、自分が最先端と思っているのでまさか私が先に使っていると知れば、必ず何かつまらぬ嫌がらせをしたり、子供たちとのグループにも強引に入ろうとするのは目に見えている。


盗聴器を持っていたり私との電話の録音をする夫なのだ。何をするかわからない。



最近もたもたしながらスマホデビューしたようだが、必要のない携帯3台持っているのにまた浪費している。


返信はなかなかしてこない。何の為の携帯なのか。


こちらからは最初はあっさりとした言葉で催促し、無視されたら少し急がせる。それでも無視したら脅す、そこまでしないと反応しない。相手が困ろうと、とぼけてすむならそうしようとするのだ。

おそらく、人から受けた恩や借金などもそうやってとぼけてすましているのではないかと思われる。だから敵が多く、信用ゼロなのだ。


自分が困った時、あてが大きく外れた時、人と派手に喧嘩して孤立した時など、パニクった時だけは、私にメールを次々とうってくる。いかに自分が正しくて、相手が悪いかを訴える。

私なら、向こうの事を何も知らないから騙せると思っているのだろう。
いやいや、私は騙されない。

心の中で「ああ、またか」と馬鹿にするだけだ。

そして、しばらくしたら、また無視が始まるのも知っている。

そしてあんなに悪く言っていた相手の事を、褒め始めたり自分が言った事を私が言ったかのように脳内変換して、私に「そんな人じゃないよ。いいところもあるんだから」と説教するという馬鹿馬鹿しいパターンが繰り返される事も知っている。

そうやって、自分がメールで見せた恥を誤魔化そうとする。



そんな事の連続で一生を終えそうな男である。








24 11月

今回も催促のメール

毎度同じ事ばかり書いているが、奴が小出しにしか送金してこないため、毎月催促している。



こういう状況になったのは、全て自己愛男が勝手に決めて、勝手に行ったことであり、「家族の為」と言い訳している。


全く家族の為になっていない。奴の我儘の為に家族は犠牲になっているだけ。


最近は調子にのって「家族を何で養わないといけないんだ」と思っているふう。「自分の為に全部使うのが当たり前。子供も妻も自分で稼げばよい。学校なんか行かなくてもいい。贅沢だ。身の程を知れ。」

みたいな内容の事をよく人に話している。


自分の都合のいい風に脳内変換し、自分に酔っているなあと思いながらいつも私は呆れてしまう。


妻の稼ぎをあてにして、ヒモになるつもりで結婚した男、転職ばかりでまともに稼いでこなかった。全く学習しないので同じ失敗を繰り返している。


妻の親に多額の借金をしていて、返す気は全くない。


親としての責任を持つとか、子育て、家族を養うのが嫌で、逃げ出したのに自分を美化して人にご指導。



奴は催促しないと送金してこなくなった。そして自分は好きな事に浪費する。


こっちが催促に疲れて諦めて、自分で何とかするのを待っている。というか今までずっとそうだったからもうその手にのらないのに、奴はまだ続けようとしている。

もう私は、奴の嫌味やモラハラには騙されない。
「夫をカバーするのが良い妻だ」とか、まあ色々勝手な脅し文句で自己弁護してきた男だが、何年もそれが通用するわけないだろう。


「自分が何もしないで、人にばかり偉そうに言うんじゃないよ」といつでも言ってやる。

通じないだろうから、全てはいつか裁判所で。


さて、今から催促のメールをうつとするか。
 



 






22 11月

憂鬱な気分

冬に入ったからだろうか。                 
最近ふっと憂鬱な気分になる。    



優鬱というか、もっと深い嫌~な気分。



毎日の生活は自分のしたい事をやり、快適。なのに、この不安感というか不快感が邪魔をする。
そしてそれは怒りに変わるのだ。



自己愛男の存在が原因。




早く縁をきらないと「私の人生なんだったの」と思ってしまいそう。



どこかで、「別居しているのだから自由に好きにやればいい。こんな恵まれた生活はないぞ」と思う自分がいる。


それはそうなのだ。      


でも、自己愛男と戸籍上夫婦である限り、本当の自由ではないというのも確かだ。


宝くじがあたらないかなあ。

それ?それが解決法?(笑)






 


 
21 11月

自分が自分を認めること


「自分が自分を認めていないと、他人に認められたいという欲求にすり替わる。過度に他人に認められたいと思っている人は、人に利用される。利用されていることを認められたと勘違いする。出発点は、自分が自分を認めてあげること。」
小池一夫、ツイッターより)


まさしくその通り!

これは、自己愛男そのものにもあてはまる。

忠告しても、耳を貸さず、自分は評価されたと自慢する。


結局、利用されても役にたたないから見捨てられて、初めて気が付く。
しかし、そんな自分を認めたくないから相手への攻撃で自分の事は見つめ直さない。

自己愛性人格障害の人の根源は、自信の無さを隠し、傷つきたくない事にあるから。





20 11月

自分へのご褒美だと?

あちこちで年末年始の話題がでてきた。


昨年末は自己愛男が帰宅した。数年ぶりに。


それも目的は実家で、乗り換えのついでに寄ったのだ。

今年は帰宅しないだろう。なぜならお金の無い振りをしているし、返済すべきお金、支払いを私に押し付け、まだ送ってこないから。

奴は自分だけの遊びにその費用を使っているからだ。

問い正されたら困るから逃げるわけだ。


わかりやすい。

昨年は乗り換えついでに寄っていたのが、(家族に会いにいく良い父親アピールの為。)今は内緒で直行している。

これも払うべきお金をださずに、自分のしたい事優先に使いたいから、内緒なのだろう。

とぼければ私が何とかすると思っていて、わざと放置するのが奴のやり方。
たとえ、自分だけが使った借金だろうが、子供の学費であろうが自分は正しいと思い込み言い訳を用意してからだ。


そんなやり方、飽きた。もう通用しない。どんな演技にも騙されない。


先日友人に「自分へのご褒美にお金使っているんですよ。遊びも投資だし、儲けに繋がるから」などと自慢気に話していたらしい。


何が褒美だ。褒美って何をしたのだ。借金して返済もせず馬鹿じゃないか。


奴は自分で自分を褒め、他人はけなし、家族にはDVだ。


今までの自分のしてきた事を考えれば、家族に軽蔑されるとわかりそうなものだ。


そういえば、まだメールの返事はなく、連絡とれていない状態だ。


よっぽど不都合な事があるのだろう。早く縁を切りたい。



首や顔、デコルテなどのイボ、角質のポロリケア♪クリアポロン



プロフィール

りんご

主婦歴、子育て歴長いです。自己愛の強い夫に振り回される人生。長い間我慢してきた事を吐き出し、これからの自分の生き方も考えながら、あれこれ呟きます。

いつも有難うございます
♡よろしければポチッとお願いします♡ にほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ
人気ブログランキング