miyukikaku

りんごの嘆き

自己愛の強い夫が勝手に別居生活を始めて長い年月が経った。今後の自分の生き方を考えながら自己愛男への不満を呟く。

2017年08月

31 8月

Mさんの告白~いきなり怒鳴る

息子の幼馴染のお母さんのMさん、一見おとなしく、若くて綺麗な人。


会合の時も、端っこで黙っていて、皆の意見を頷きながら聞き、好感がもてた。他のお母さんたちのバトルが激しかったからかもしれない。

私と同じ係になり、Mさんの方から挨拶をしてきた。
とても不安気で、私は「助け合っていけば大丈夫。」と何回も励ました。

たいした係ではないのに、やけに不安を訴えるので、ちょっと違和感を覚えた。


2~3か月経った頃、配布用プリントの印刷の作業をする事になった。



係は私とMさんともう一人の3人。





もう一人の人は、仕事の都合で欠席した。私も仕事をやり繰りしていたのだが、人によって都合つけない事もあるだろうと思って気にしなかった。自分も休む事があるかもしれないし、お互いさまだ。



作業が終わり、Mさんと一緒に帰った。


帰り道、欠席したもう一人の人にばったり会った。急いで仕事をきりあげ、やってきたようだが、間に合わなかった。



その人の顔を見るなり、Mさんがいきなり言った。


「何やってんのよ!もう終わったわよ!大変だったんだから!○○さん(私のこと)に、お礼言いなさいよ!あなたの分、やってくれたんだからっ」



と凄い形相でどなりつけたのだ。
それまで、静かにおとなしかったMさんが。






読者モデル、有名ブロガー愛用☆噂のプチプラ通販サイト『神戸レタス』!最新トレンドファッションが540円~!!



30 8月

子供の幼馴染のお母さんの凄い話~Mさんの告白 

私が自宅を留守中、息子が幼馴染の友達を久しぶりに家に呼んで楽しかったと言っていた。



その友達の父親は医者である。真面目で家族の為に一生懸命働くいいお父さんである。


なんと羨ましいことか。お母さんとは、子供が小学校の時に一緒にPTA役員をやり、親しくなった。



傍から見れば、何の悩みも無い、幸せな家庭で羨ましいが、お母さんの話を聞くと、家族ではなくお母さん自身の中に問題を抱えている様だった。贅沢な事だと周りは言っていたが、聞きようによっては、自慢しているのかなとも思えた。





私は、普通に接していたが、自分よりずっと私が年上であった気楽さからか、彼女は私に執着し始め、自分から色んな話をして来るようになった。口の軽い人で、他人の秘密も話してくる人だった。


だから、信用せず、気をつけながら接していた。



一見、おとなしく、可憐で、知的な彼女だが、実は壮絶な過去を持つ人だった。



古い漫画の「銭ゲバ」と重なる気がした。

「お金の為なら何でもするズラ」というあのセリフ。ちょうど、彼女と知り合った頃、ドラマで「銭ゲバ」をやっていて、それでそう感じてしまった。



      




29 8月

人を非難する資格は無い

母が自己愛男の実家宛に送った贈り物と金一封、向こうに届いて約3週間過ぎるが、まだ何も言ってこない。



手元の控え番号を元に、確実に届いているのかを調べた。



ちゃんと届いていた。



よし、これで、堂々と聞けるぞ。



自己愛男は内緒でまたその頃実家にいっているから、届いた事を知っているはずだ。



「母からそちらに贈り物をしたらしいのだけど、届いたのか心配しているので、何か聞いてないか?」と、奴にメールしてみた。


3日経ったが何も返事がこない。



常識では、無視するのは考えられない。残暑見舞いに一言添える事もできる。電話でもいい。届いたことくらい、連絡するだろう。



自己愛男が関わっていないにしても、奴は、そうだったの?実家にきいてみるよ、位は返信するだろう。
それもない。



もしかしたら、そのお金、実家で自己愛男が貰って、自分が代わりにお礼言っとくよとか言って、放置している可能性だってある。




普段から、自分達は、立派で常識があって、と自慢していて、他人の批判ばかりしている家族だ。

それで、この非常識さ。



自己愛男の真似をして「どんな育ち方をしたんだか。親の顔が見たい」と言ってやりたい。
27 8月

自己満足の偽善者

未だ送金が無い。


こうやって私がやきもきしているのを、自己愛男は楽しんでいるのか、それとも、お金なんて送らずとも妻は沢山持っているはずだと、根拠のない思いたい心理で、勝手に納得しているのか。



自分はどれだけ使っているのだ。そんなに勝手に自由にしたいなら、堂々と縁切り話すればよいのだ。



絶対に自分からは言わない。卑怯な男。

”責任とらずに、自分は捨てられた形で、一円も出さず、借金も返さずにすむ”やり方で別れるのが理想なのだ。


もし、こちらから言い出せば、心では「しめしめ」と思っているだろうが、口では、嫌だと言うと思う。


そして、「自分はこんなに支えてきたのに裏切るのか、金が全てか。浮気したのか。」などと、作り話をし、一方的に妻を悪者にし、「自分の要求を呑むなら聞いてやってもよい」と言うだろう。


以前、仮の話で、離婚話になった時、その様な言い方をしていた。



今日は、私の体調も良くなってきたが、明日は帰宅だ。結局実家にいる間、ずっと体調悪かった。



奴は自分の実家に帰っても、自由にしているだけで、私みたいに家事をして手伝うわけではない。


義兄さんも義兄嫁さんもさぞ迷惑だろう。用もないのにふらっと来て、だらだら実家で遊んでいるだけの弟。


義兄嫁にも嫌われるはずだ。


そんな風に、人の気持ちもわからず、迷惑かけているのに、親孝行していると自分から世間に言いふらしている自己愛男。


私たちの生活費は奴の自己満足の偽善という娯楽に使われているみたいだ。
26 8月

絶対先には死ねない

熱は下がったものの、すっきりしない体調。


暇があれば横になっている。世話をしに来て、自分が弱ってどうする。



何とかこの1週間、予定通りの手伝いはした。


ふと気が付くと、自己愛男から送金が滞ったままだ。黙っているといつもこうだ。


おそらく、私が何も言わなければ、1円も出さないだろう。別居、子供と暮らしていない、生活費もださないなら、結婚とは言えない。口先や世間体の繕い方は、まああきれるほど嘘ばかりだが、全く、後ろめたさも感じず、ヘラヘラと生きているのが理解できない。




どんな事も、自分だけ正当化しているから、自分はまともと思っている。


奴のブログは、いろんな事の批判ばかりだ。おかしいのは、「どんな育ち方をされたのか」とか「親の顔が見てみたい」とかを口癖のように書いていること。



自分は、親として子供をそんなに立派に育てたのですか?ほう、そんなに人を批判できるような立派な人間なんだ、と独り言を言ってしまう。



本当に腹がたつが、メールをした。「催促されずとも送金してほしい」みたいな。



返事は、ヘラヘラした言葉が返ってきただけ。その後、まだ何も送金はされていない。



私は、絶対奴より先に寝込めない、死ねない。





22 8月

体調崩した

母が入院するのに付き添った。

私は、ただでさえ体調が良くなかったところへ、病院の冷房の強い所に長く待たされ、帰宅した時は、意識朦朧状態だった。


発熱に頭痛、胃腸炎、一度にやってきた。


何しに帰ってきたのやら。



昨夜は、何とか夕食を作った後、爆睡した。





 



 
20 8月

あの家との付き合いは、これで終わり

私は、やっと実家に帰ってきた。
勿論、自己愛男には黙っている。



言えば、安い高速バスにしろだの、そんなお金があるならと送金してこなくなる。

自分はさんざん使いまくっているのに。あんな男にいちいち言う必要は無い。



歳老いていく親。近くにいたらもっと気楽に行き来できたのだが、なかなかそれができない。



自己愛男のお気楽さに比べ、奴のモラハラをつい用心して行動を委縮してしまう。


実家に帰ったら、さっそく母から奴への苦情を言われる。


2週間前、奴の実家に、お金と一緒に贈り物もしたそうだ。(送った翌日に届いているのは配送会社に確認済。)


何の反応も無いと言う。



奴は、私に黙って実家に帰っていたはずだ。贈り物の話を知らないはずはない。



舅、義兄、自己愛男の誰も何も言ってこない。



普通以上にこの家の人間は、常識の無い人をけなす癖がある。


それで、自分達はこうなのだ。
家族全員「お前が言うか!」である。


「もうこれであの家とは付き合いは終わりにしよう」と私と母と話していた







気になる足の臭いに「アニセ薬用石鹸」公式サイトはコチラ


内側からスッキリ爽快!気になるニオイに【レディーズローズ】
19 8月

話せば話すほど心が病んでいく

自己愛男に、結婚前の発言や演技は何だったのかと、聞いた事があった。


すると、無表情になり、目が横にのびた感じになり、鼻の穴は開いて、
「その言い方はおかしいよ、そんな顔して喋らない方がいいよ」と上から目線で怒り出した。


私はそれに誤魔化されず、同じ事を再び話した。


痛いところを突かれると、自己愛性人格障害の人はこうなるんだと、表情、言い方、内容は変だった。



論点をずらす事に終始して、何を言っても人のせいにするのだ。



自分が嘘をついたのではない、つかせたあなたが悪いという事しか言わない。



「結婚してやったのに」「結婚してほしそうにしていたから」「そう言わせたのはあなただ」「嫌ならいいよ、明日から生活費は無くなるよ。」「そんな顔して話すような人間だからあなたが悪い」などなど、こちらの気持ちを想像することもなく、同じ返事しかしない。

人の話を聞き入れない。褒め言葉だけを受け取り、自分への批判はいっさい聞き入れず、相手への攻撃に終始する。



話し合うとか、気持ちを汲むとか、わかり合おうという能力に欠けている。



わかってほしいと夢中になればなるほど、自分の心が病んでいく。


こういう人間とは、話し合わない事が一番良いと思い、今ではこちらから話す事もわかってもらおうとも思わない。










内側からスッキリ爽快!気になるニオイに【レディーズローズ】
18 8月

俺様は特別なのだ


姑は、子供達に「うちの先祖は偉い人だった。本来なら今頃、うちらは家来がいっぱいいて良い暮らしができていた。」と言い聞かせながら育てたと聞いた。



「何もしなくても周りが自分の為に働き、尽くすから自分は遊んで暮らし、トップでいるのが本当の自分」という自己像を信じている自己愛男だ。



姑はそういう意味で話したのではないと思うが、奴が勝手な解釈をしたまま大人になったのだろう。


だから、自己愛男には、「人が自分の為に尽くすのは当然。自分が人の為に動くのは感謝されるべき事で、相手は多大な感謝をすべきである」という考えが根底にある。



「この俺様が、(本来しなくてもよいのに)妻子を養ってやっているのだ。感謝しろ」という思いがある。義務とか責任とか全く頭にない。


世間を嘘で欺いている。



詐欺師的な面があるので、ターゲットに対しては、演技が凄い。その演技に自己陶酔する。



「僕は、どんな事があっても妻子の為に働く男です。妻の稼ぎをあてにする甲斐性のない男にはなりたくない。家族の為、世の中の為に尽くす事が自分の生きがいです」などと言って、うっとりしている。


私もその詐欺にやられた訳だが、以前、奴に文句を言った事があった。




飽きのこない定番が見つかるファッション通販サイト【aimoha】



17 8月

他人は自分のしもべ

自己愛男が、世話になった人に対して、「非常識な態度で返す」人間だということはわかった。


奴にとって、家族とは親と兄弟のみ。妻子は家族ではない。
姑が亡くなり、義兄とは喧嘩したらしいが、信じがたいし、まだ執着していると思う。


他人や妻の実家からの好意的な援助に対して、「当然だ」と思っているところがある。


奴にとって、「自分と親兄弟以外の人間は、全て劣っており、自分達のしもべとなるべきだ」という深層心理を持っている気がする。



だから、我が家に対して、誰かからお祝いや、お見舞いなどを頂くと、奴はお礼も言わない、当然だという態度をとる。


当人の前ではお礼を言って、いい人を演じるのだが、私の前になると何で頭さげないといけないのだと不機嫌になる。


しかし、自分の親、兄弟から何かもらったりすると、私に対して恩をきせる言葉、大げさに感謝する態度を要求し、自分も「何てありがたいんだ!」と騒ぐ。それがあまりにも不自然でわざとらしい。
他人、妻の親には上から目線、自分の親兄弟には、気を使い良い息子を演じる。普通、逆じゃないか。


私はすぐに誰であってもお礼をしているが、奴は自分の家族にしか礼も感謝もしない。




こんな男、結婚なんかしないで、一生親にべったりして生きて行けばよかったのだ。










プロフィール

りんご

主婦歴、子育て歴長いです。自己愛の強い夫に振り回される人生。長い間我慢してきた事を吐き出し、これからの自分の生き方も考えながら、あれこれ呟きます。

いつも有難うございます
♡よろしければポチッとお願いします♡ にほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ
人気ブログランキング