miyukikaku

りんごの嘆き

自己愛の強い夫が勝手に別居生活を始めて長い年月が経った。今後の自分の生き方を考えながら自己愛男への不満を呟く。

2017年06月

30 6月

兄との確執が本格化した事を言い訳にする

うちの自己愛男が、そろそろまた実家に行く頃だ。

「生活費も送らずに、また実家にいくとはね!」
みたいな抗議メールを再び送ったら、言い訳だろう。「色々あって大変で、帰らないといけない」と言う。


義兄ともめていることを、昨日はめずらしく、何回も訴えてきた。



今まで、妻子より親と兄が大好きで、妻の言葉より親と兄の言葉だけを聞き入れる奴だった。

なのに、兄に疎まれたのがショックだったのかもしれない。


やはり、想像通りだった。
兄から「財産狙いだろう。もう実家に帰ってくるな。いずれは全て俺がもらうのだから。お前には1円もやらない」と言われたとか。

そんなつもりはないのに「財産狙い」といきなり言われて腹がたったとか。

それで、「もう兄の言いなりにはならない覚悟をした」とか、急に私に具体的に話し出した。


今まではもめる相手は他人だったが、ついに兄と険悪になったのか。面白い。


相続について、親がそう言ったならわかるが、長男が勝手に決めることではないから奴の言い分はわかる。


それで、奴は開き直り、父親に媚びる為に帰って、兄に抵抗していたというわけか。
想像通りで、わかりやすい男だ。

義兄は、親と同居ではない。兄嫁は、長年絶縁しており、日常の世話をしてきたわけでもないが、義兄だけは近くにいるから、何かあるたび飛んでいく。姑が一番大事にしてきた息子。

が、この件は、いつかそうなる予感はしていた。
わかってないのは、自己愛男だけだ。

自分の思いたいように話を作り変える。


原因は、姑にもあると思う。義兄にも奴にも、その場その場で両方にいい顔して、財産はお前にやると言って世話してもらおうとしていたらしい。

確かにそんな感じだった。長男は頼りになるが、嫁と姑の争いで気を使うし、次男は、トラブルばかりで迷惑だが、甘えん坊で自分の言いなりに動くし、使いやすい。頼りは長男、好きに使うなら次男、といった感じだろう。



自己愛男は、「親は、兄よりも自分にそばにいてほしかったのだ。」と言い出した。

なら、なぜ実家から遠い土地に引っ越したのだ。

別居するなら、実家にいけばよかったのだ。


仮に奴が実家のそばに住もうとしても、転職やトラブル続きのいい歳した息子だし、兄が止めただろう。


奴は、今、必死で脳内変換している。

しかし、相続の権利とその話は別だし、私は介入する事もしないし、聞き流すことにする。


姑は今はまともに会話もできないらしいが、舅は、まさか息子たちが裏でもめているとは思ってもいないはずだ。


仲良く分ける事を望むような人だと思う。自分の息子はそんな争いをするような人間ではないと信じている。


私は、今日の時点では、その話は嘘だと思う事にする。

奴は状況で言う事が変わる。自分の都合良く、事実を捻じ曲げる。

また話を変えてくるかもしれない。

社長と喧嘩した時も、絶対自分が正しいと言い、それはそれは自己弁護が凄かった。



今まで実家の事なんか話題にしてなかったくせに、急に話だして、わざとらしい話だ。
家族の干渉を嫌って、勝手に行動しているやつが、ここで急にこんな話をしてくるパターンは、今までもあった。


トラブルを起こして、困った時とか、私のお金を引き出そうとする時、今の話題から話をそらそうとする時だ。


黙って実家に何回も行っていたのに、急にこんなことを言うのはおかしい。
最初にそういえば良かったではないか。


送金しないで自分の事に使っていることからのごまかし。
話題をそらし、しかも自分が被害者だと言って、ごまかし。またか。


兄との話を知ったのは、(本当であれば)面白かったが、その手にはのりませんよ。



「まだ、送金足りないよ」と返事したら、ぴたっとメールこなくなった(笑)
29 6月

老後は自由に生きる

私は、あっという間にやり直しがきかない年齢になってしまった。

再就職も年齢的に難しい。迷惑かけてしまいそうで、単純作業くらいしかできないかもしれない。

以前長くやっていた仕事は、高齢でも雇ってくれたが、体力的に無理だ。

私が働くとますます奴は私の稼ぎをあてにする。

今までは内緒で働いていた。ぬきうちで帰ってくるから、すぐばれたけど。

でも、仕事はした方が良い。しないと生きていけない。

いずれ来る年金生活も絶対に足りない。自己愛男は、転職繰り返し、まともに年金払っていないルーズな男。何のあてにもならない。もしかしたら奴は、私をあてにしているのではないかと思う。


誰があんな男と老後を過ごすものか。さんざん苦しめといて、自分だけお気楽に過ごして、老後は家族をあてにするなんて甘い。


もしかすると、最近の私のメールで、少し危機感を感じてるかもしれない。


実家も方も雲行き怪しい感じだし、作戦変更してくるか?


「自分は別れたくない、家族の為に犠牲になってきたのに、捨てるのか」と騒ぐだろうな。


少し送金があった。全然足りないが、言わないと、いや言ってもこれか。疲れる。


28 6月

あと3年したら復讐開始か

海老蔵さんが、「子供達をしっかり育てていく」と、「(子供への)恩を返す」と決意されたあの気持ち、深い家族愛と人間性を感じる。うちの自己愛男には絶対ありえないことだ。

「子供に救われる」という気持ち、良くわかる。普通の親ならそうだろう。

うちの自己愛男は反対だ。「子供のせいでお金がなくなる」「子供のせいで責任を負わせられる」という発想だ。そして、何もしない。嫌なことからは逃げる。言い訳さえあれば何でもできると思っている。

心の小さいうちの自己愛男が本当にクズに思える。


最近、益々だらしなく自分勝手な自己愛男、将来の見通しが全くたたなくなった。

老後へたすると奴の借金がでてきたり、年金もろくに無く、私や子供をあてにされる事も考えられる。

将来が見えないなら、我慢する価値もない。ふいうちに離婚調停を申請しようかと考える。


わざと円満なふりをして、奴を調子にのせた後、天国から地獄に落とす?


タイミングを考えたら、今は早い。

奴の滞っている返済や、子供がもう少しちゃんと自立してから…などと考えると、あと3年は待つ方が良いかもしれない。

それまでに何か変化があれば良いし、何も変わらなければ、今までの事を一気に調停で話す。それで、相手がどんな反応をするかだ。
ただ、調停や裁判になると、慰謝料はとれない。何もとれない。だから奴の方が万歳なのだ。お金に関しては。


奴に有利なら意味がない。

奴が弱った時がチャンスなのだ。つまり、世話を必要とした時、孤独を感じた時、その時でないと、家族の大事さはわからないだろう。

家族を必要とした時に、「そんな都合のいい話があるか」と切り捨てる。

それがいつになるか。

今は、向こうには扶養義務がある。生活費も送れと堂々と言えるし、別居だし、我慢すればいいじゃないかと思う自分もいる。


宝くじが当たったら、即調停だ(笑)。

奴に心から反省させたい。土下座して、泣きながら謝らせたい。
人格障害の人に、期待するのは無理だろうが、でも、これまでの私と子供の我慢の日々を返せと言いたい。

まず、私がここまで恨んでいるなんて、思っていないだろう。


奴がこの前、献血の結果で、異常値がでたと騒いでいた。

「それがどうした。そんな時だけ気をひこうとするな。いつも自分の事ばかりだな」と心の中で思いつつ、無視した。

自己愛男への怒りがおさまらない時には、あと3年で復讐!と思うことにしよう。



                         

            
                       
27 6月

義兄との争いが始まっている

あれから、怒りがおさまらず、メールをうち続けた。ごまかしは許さない。ちゃんと支払いさせるまで、あきらめてはいけない。


気が付くと深夜だった。奴からはとぼけた返事が2回きたが、開き直っていて、メールをうざいと思っている様だ。上から目線だった。

奴の言い訳にはごまかされない。



ただ、一つだけちょっと気になったことがある。


奴は、「義兄ともめている」と言って、話を誤魔化そうとした。

嘘かもしれないし無視したが、もし本当なら義兄に抵抗するのは珍しい。

何をもめているのだろう。と想像してみた。


自己愛男にとって、”親の愛=お金”なのかもしれない。と気が付いた。


奴は、親の財産を狙っているのかもしれない。母親が弱ってきた事をきっかけに。


我々に内緒で財産もらって、自分の老後の蓄えや自分の為だけに使うつもりだろう。

今のままでは、兄に全てとられてしまうと危機感を感じたのだ。それでご機嫌とりに頻繁に実家にいくのか?


義兄にその魂胆を見抜かれたのかもしれない。

義兄から見たら、普段自分が両親の近くで世話しているのに、弟がお気楽にふらっと帰ってきて、親のご機嫌をとりにくる調子の良さは不快なのだろう。


想像だが、あの姑なら、長男だけにこっそり「財産全てお前にやるよ」と言っている気がする。長男さえいればよいと思っていた人だから。

だとしたら「財産渡さないよ。全て俺がもらう約束だから」とでも義兄に言われたのかな。

今までずっと、喧嘩もしたことのない兄弟が、最後に争う。良くあることだ。

母親の言いつけによる仮面兄弟だった。

母親に抑えつけられ、自由意志を奪われていた仮面家族は、最後は簡単に破滅する。

勝手に喧嘩して、財産奪い合って、兄弟とも縁をきれば良い。

気が付いたら、何もかも失って、孤独になる日がくるだろう。








26 6月

我慢の限界がきそう

期限の日。これは私が決めた日だが、やはり無視された。


黙っていれば、ラッキーと一円も送ってこないから、催促しないといけない。

私が払うお金じゃないのに、まるで他人事。

メールしてみた。

予想通りだ。お金がないふり。毎度同じやり方。子供に使う大事な費用がいる時も、何回も同じ手を使われた。


生活費も送る気はないようだ。そんな手にのるか。

そう言いながら、また実家に行くらしい。数万円がそっちに消える。よく平気でそんな事ができるものだ。


また私に払わす気だ。何もかもこのまま送らなくなるつもりか。奴が支払うべきお金なのに。

このままでは、私は大事な貯金を奴に使われ、これから生きて行けなくなる。

ただでさえ、年金も少なく生きていけないというのに。奴の年金もあてにならず、貯金どころか借金しているかもしれないし、私の独身時代の貯金や子供の貯金をすべて使い果たすまで、奴はあてにし続けるつもりだ。
貯金があるとも教えていないが、勝手に奴の脳内変換で、決めつけているのだ。

もうやばいとなったら、即縁をきる。

ごねたら調停だ。全て暴露してやる。どんなに嫌な男か思い切り訴える。


そうならない様に、泣き寝入りはしない。催促はうちにくるし、生活費も無ければ生きていけない。

あまりに腹がたち、母に相談した。
奴の嫌がらせを話して、父が貸したお金を奴に一括で請求してみてはと相談してみた。


「想像もできないほどの異常さだ」と驚いていた。父親として夫としてありえないと。


妻の親にお金を借りたままなのに、良くそんな事ができるものだと。

別れると言えば、相手はしめしめと思うだろうから、もっと色々言って、追い詰めてみようという事になった。

父に文句の手紙でも書かせようかとも言われたが、奴は全くそんなの平気。むしろ自分を批判する人間を悪人にしたてるから、無駄だよと止めた。父は最近認知が始まり、余計なストレスは与えたくない。


母も退院したばかりで、心配かけたくはないが、敵があまりに悪質なので、詐欺にあった被害者同士として相談をするしかなかった。


              
26 6月

自己愛男に罰を与えてほしい

前にも書いたが、今月は、大事な支払いがあって、かなり前から自己愛男に伝えている。
期限は今日だが、まだ送金はない。生活費もまだだ。


お金が無いと言いながら、飛行機代使い、実家に良く行っていたが、なんと、また行くという情報が入った。どういう神経だ。実家に隠し子でもいるかのようだ。(いないが)


自分の為には借金してでもお金を使い、家族にはケチる。子供が小さい時からずっと。

この感じでは、おそらく奴は、私の親の葬式にも来ないだろうし、香典も我々が帰省する費用もださないだろう。自分の実家に行くお金はいつもあって、嫁の実家に出す時になると、さも困った顔をして、お金が無くて…と演技をするのが見え見えだ。

今まで、私の親族あての香典も、奴の名前でだすのに、お金を一回も出したことは無い。
絶対に出さない。それも後から知らなかった、と笑ってすますだけだ。

馬鹿らしいのでこれからは私の名前で出すことにしている。


奴は自分を助けてくれた人に感謝もしないし、恩返しもしない。むしろ、借りがある弱みを認めたくなくて、逃げる。言いがかりをつけて嫌う。

借りた事、助けてもらった事を忘れたふりまでする。

それで、人前では、「親孝行をしよう。人に感謝しよう。人徳を積もう」などと説教をするのが大好きで、上から目線で話す。「お前が言うか!」である。

世話になる時は、それはそれは口が上手く、謙虚なふりして、利用した後はポイだ。詐欺師そのものだ。生まれつきの詐欺師だ。


こういう人間が、のうのうと生きていて、小林麻央さんみたいな素晴らしい人がどうして残酷な運命を引き受けてしまうのか、神様を恨んでしまう。


神様、自己愛男に罰を与えてください。



25 6月

麻央さんは最高の結婚相手を選んだ

小林麻央さんの訃報…悲しすぎる。

海老蔵さんが、一生懸命尽くして、祈って、最後は「愛してる」と言ってお別れするなんて。

素晴らしい夫婦愛。


涙の記者会見は、もらい泣きした。


海老蔵さんが独身の時は、「こんな遊び人と結婚したら奥さんは苦労するだろうなあ。家庭なんて顧みないかも…」なんて思っていたが、まさかこんな運命が待っているなんて、人生ってわからないものだ。


麻央さんの事を「自分をかえてくれた人」と言っていた。

本当に、結婚当時の顔に比べて、今の海老蔵さんはとても良い顔になっている。


子供さん達が可愛くて、いじらしくて、これからの事を想像すると胸が苦しくなる。

麻央さんは、海老蔵さんを選んで良かったよね。こんなに大事にされて、愛されて、幸せだったよね。
海老蔵さんも麻央さんしかいなかったと思う。

だからこそ、残念。


それにしても、もし私が麻央さんみたいになったら、うちの自己愛男に見捨てられていただろう。言い訳を沢山作って。





           
24 6月

子供に理不尽な意地悪をする自己愛男

子供が初めて携帯を契約した時の話。

携帯ショップが遠く、親と一緒に申し込むので、自己愛夫が車で乗せていくことになっていた。


出発時間になり、子供が夫に声をかけた。

だらだらしており、車に乗ろうとしない。「ちょっと待て。今準備しているんだ」と言って、なかなか動かない。

子供はじっと我慢して待っていた。


自己愛男はトイレに行った。なかなかでてこない。

「まだかなあ。」と子供は待った。


すると外からいきなり怒鳴り声がした。

「何やってるんだよ!待たせるな!」

奴はいつのまにか運転席に乗っていた。車には鍵がかかっていたので、子供は家で待っていた。


おそらくわざとそうっと車に乗ったに違いない。


「待たせたのはお父さんだろう?ずっと待っていたのに何で怒られないといけないの?車に乗るなら声をかけてよ」
と子供は言い返した。当然だ。

すると自己愛男は「文句あるなら、乗せて行かん。自分一人じゃいけないくせに。偉そうに言うな」と怒って、車から降りた。どう考えてもこれは意地悪だった。


子供は泣きそうだった。私は当時、下の子がまだ小さくて、自由が聞かなかったが、この時は腹がたち、あてつけに「そんなに意地悪したいならいいよ。もうあなたには頼まない。こんな意地悪するのなら、初めから行くと言わなきゃいいでしょ。」と言って、私が連れていった。


自己愛男は、フンとした顔で、とぼけたが、子供への嫌がらせが失敗に終わり、少し気まずい顔をしていたが、絶対謝らなかった。


子供にまでこういう虐めをして本当に小さい男だし、何か欠けていると思う。


おそらく、奴の理想では、意地悪をすることで、家族を支配し、苦しめて、それでも自分から離れられない事を利用し、好き放題に我儘を通そうと思っていたのだろう。


予想より、私と子供が強かったから計算が狂った。だから現実逃避したのだろう。



           






    
23 6月

親が死んだら後を追うDV男もいる

長い間、自己愛男と別居しているが、もしずっと一緒に住んでいたら、毎日がストレス地獄になっていただろう。


自分でも、離れてから長いのに、過去の色んなストレスや愚痴が次々と毎日よくでてくるものだと思う。

毎日楽しい事ばかり書いていけたらどんなに良いだろう。どうやったらすっきりするのだろう。

今、自己愛男と縁を切ったら、心は晴れ晴れとするのだろうか。

親が貸したままの多額のお金も諦めるのか?子供の我慢してきた日々は?


こちらが嫌な思いをしなければ縁は切れないだろう。それも腹立たしい。


姑も入院し、舅も高齢で、そろそろ自己愛男は親に甘える事も、逃げ込む事もできない時期に来ている。


実家が無くなったら、どうするつもりだろう。


DV夫と離婚した友人の話では、離婚後、ご主人は仕事もせず、親の年金と貯金に助けてもらっていたとか。うちと似ていて妻子より親に執着していた人らしい。

友人が、弁護士さんから言われたことは「こういう男性は、親が亡くなると後を追って自殺する人が多いんですよ。」との事。


うちの自己愛男は、実家と距離が離れていても、親に甘えることばかり考えている。

家族の生活費を帰省費用に使って、こっそり帰って遊んでいる。妻子が飢え死にしても平気、親に会う方が優先だ。


親という逃げ場を失ったらどうなるのだろう。後追いするかな?


脳内変換機能(笑)を活かして、意外にあっさり気持ちを切り替えるか、別居先に親代わりを見つけて騙し、その人に甘えるかもしれない。(お金目当て)


どっちみち、奴が病気か怪我をしない限り、妻子に心が向くことはないだろう。

きちんと責任さえ果たしてくれたら、そっちの方が良いのだが。一緒にいたら被害にあうだけだし。


そんな事より、私が許せないのは、妻の意志を尊重せず、夫婦でやらねばならない事をすべて拒否して人に押し付けてきたのに、全く反省もなく、自分を正当化しているところだ。

子供に父親との思い出を何も残してあげていないこともだ。


こんな母子家庭状態にされるなら、独身でいた方が良かった。子供にも謝ってほしい。

結婚を申し込んだ時、奴が約束した事を思い出すと、よくもあんな嘘をつけるものだと思う。

嘘なんて奴にとっては、自分の願望を満たす為なら当たり前の事であり、何の抵抗もなかったのだろう。


人の人生をあまりに軽く思っている。子供の人生もだ。


それで奴に何も罰が与えられず、今も好きに生きているのが納得いかない。


奴は本当に「自分は、真面目で、人徳があり、能力もあり人から評価される人間。」と思っている。

そして口癖なのが「お天道様は見ている。悪い事をすればお天道様が罰を与えると親から教わった。」ということ。親から言われた、親が言ったから。と言う。自分の体験からは何も学ばない。


そして、自分を批判する人、自分に原因があって喧嘩した相手に向かって今の言葉を吐くのだ。

「自分を批判したり、馬鹿にしたりする人は、悪い人間だから、きっと罰があたる。お天道様は見ているから。」と。



自分に罰が当たるなんて全く考えてもいない。罰を受けるのは自分なのに。




    

    


     
22 6月

姑が息子の秘密を暴露してもめさせる



姑の話題が続くけれど、また一つ、思い出した事がある。


だいぶ昔の話。姑も若く、しっかりしていた頃だ。


義兄家族(子供もまだ小学生)が、実家に遊びに来た時の出来事だ。

雑談をしていたら、突然話題に関係なく、姑が「あなたはアメリカに行った事があったよね!」と義兄に言った。

新婚旅行は、国内だったので、兄嫁が「えっ、知らなかったわ。いつ行ったの?」と驚いた。子供達も、「へえ、そうなの?」と騒ぎ出した。

「勘違いだよ。行ってないよ!」と、焦って義兄は否定した。が、姑は、「そんな事ないわよ。行ったじゃない!」としつこい。

義兄は、話題をそらしてごまかし、その後そそくさと帰宅したのだった。


アメリカには、元彼女と行っていた。しかも、新婚旅行の前倒しとして。婚約までいったのだが、姑が原因で別れたのだ。


落ち込む義兄の為に、姑が見合いをさせて今の奥さんと結婚させた。


でも、またこうやって、夫婦に亀裂を入れさせようと企むのだ。


当然、そんな話は奥さんにはしていない。「前カノを忘れる為にお見合いして結婚した」なんて言える訳がない。
子供もいるところで、息子の秘密をばらそうとするなんて、ありえない話だ。


そして後日、兄嫁は姑と二人きりの時に、この件を姑に聞かされる。

姑の企みにはまってしまった兄嫁は、苦しむことになる。ただでさえ、意地悪されていたのに。

姑はさぞ嬉しかったことだろう。



「あなたは、息子から聞いてなかったの?息子は前カノとアメリカに旅行にいった事があるのよ。あなたに内緒にするなんて、よっぽど前カノとの思い出が忘れられないのね~。彼女とは、結婚するはずだったのよ。何で別れたのかしら。お似合いだったのに。この話、息子には内緒よ。叱られるわ」

と笑顔で話したのは想像できる。ショックで落ち込む嫁の様子を見て、さぞはしゃいだに違いない。



それ以来、兄嫁はいつも不機嫌になり、体調を崩しがちになり、夫の実家とはもともと険悪だったのだが、更に疎遠になった。義兄は嫁に頭があがらなくなり、夫婦はひんやりした関係になっていた。

それを、一緒になって面白がっていたのが、うちの自己愛男。


その後姑は、今度は我が家をかき回そうとし始めた。

姑が私や私の実家に仕掛けた企ては、”いかに(夫が)私を騙しているか”という事だった。

「自分は母親だから、息子の事は何でもわかる。嫁は何もわかっていない。嘘も見抜けない。息子は家族のせいで疲れている、可哀想だ」みたいな、ことだった。

そして自己愛男の嘘や秘密を私ではなく、先に私の親にばらしたのだ。

すでに嘘つきなのもわかっていたし、想定内の事だったので、私の親も私もその手に乗らなかったし、無視した。

困るのは、こっちでは無くて、ばらされた自己愛男の方だ。


「離婚裁判にでもなったら、これがいい証言になるわね」


と私は奴に言ってやった。

その他にも姑は問題を起こしていたが、全てこっちはスルーして、嫌味は全て自己愛男に向けた。



奴が母親に注意しても、姑に「母親をいじめるなんて冷たいね。結婚してから冷たくなったね。」と言われ、何も言えなくなるのだ。それでも注意すると、ヒステリックに怒り出すので黙るしかなくなるのだとか。

次第に自己愛男は、実家と家族を接触させないようになった。私の為ではなく、自分の為に。


お陰でこっちは気楽になった。



それでも、母親の洗脳が解けないマザコン男なのだからどうしようもないのだ。



             
プロフィール

りんご

主婦歴、子育て歴長いです。自己愛の強い夫に振り回される人生。長い間我慢してきた事を吐き出し、これからの自分の生き方も考えながら、あれこれ呟きます。

いつも有難うございます
♡よろしければポチッとお願いします♡ にほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ
人気ブログランキング