miyukikaku

りんごの嘆き

自己愛の強い夫が勝手に別居生活を始めて長い年月が経った。今後の自分の生き方を考えながら自己愛男への不満を呟く。

2017年05月

31 5月

孤独死の第一発見者になった?

先日、自己愛男がやむなく?うちに帰宅した時、偶然親族に不幸があったと連絡が入ったので、慌てて実家へ向かった。


そのまま行ったきり、全く連絡がなかった。
好きにやっているんだろうと思っていた。送金も無視されたし。


昨日様子がわかった。

葬儀を理由に帰る日を延長し、のんびり過ごしていたようだ。こちらが困っている事は全く頭になく。


そして、別居先に帰った後、向こうではどう言っているかというと・・

亡くなった親族は、孤独死だったのだが、自己愛男は、「自分がその人を心配して訪ねて行ったら、倒れていた。自分が発見し、そのショックで、帰るのが遅くなった」と大嘘をつき、仕事をさぼった事を言い訳していたのだ。

発見したショックで、落ち込んだから帰りを延ばしたなど嘘だ。


はあ。人の不幸まで利用するとは。


”一人暮らしの親族を心配して訪ねたいい人”、”第一発見者となり、そのショックからなかなか立ち直れないデリケートな人” まで自分を演出する必要あるのか?


周りの方は、きっと社交辞令であっても、慰めてくださったり、長く仕事をさぼって、迷惑かけられていても、苦情も言えなくなり、複雑な心境になった事だろう。申し訳ないことだし、情けない。



似たような事は前にもあった。


私たちの住む地区が、強い台風に襲われ、近所に被害がでた事があった。自宅は大丈夫だった。


奴は、遠くから他人事だった。何か言ってくるとしても、偉そうに誰でもわかっている予防策を説教してくるだけだ。


台風が去った後、向こうでは、「家族が被害にあった。大変だ。心配だ。」と騒ぎ、周りの同情をかい、お見舞いを受け取っていた。
しかも、「自分が家族に電話で非難の指示や防災対策をさせた」とまで言っていた。

奴なんかもういなくても、自分たちでちゃんとやっているし、むしろ奴はいない方がうまくいく。

それが真実。


そして、自分の用事や実家へ遊びにいく予定を勝手に決めて、職場には「自宅が心配なので様子を見てきます」と嘘を言って休む。


被害が無いのに、そうやって嘘をつき、家族思いの自分を演出し、自分の別の目的に利用する。


奴が心配するとしたら、お金だけだ。


今、文科省の元次官の前川さんが、真実を暴露しているように、私もいつか元家族として、奴の真実を暴露してやりたいものだ。(レベルが全然違うし、誰も関心ないかも?)



もうファンデーションはいらない。HANAオーガニックのウェアルーUV


シュエット 美白BBクリーム
30 5月

異常さを証明する材料

先日書いた送金の事、月末締め切りなのに自己愛男からまだ送ってこない。

奴が払うべき支払いで、私は代わりに振り込みするだけ。でも、奴は私が自分の小遣いを催促している様な感覚でいる。

何回か、メールしているが、全く無視されている。


どうでも良い事は、どんどんメールしてくるのに、こういう事には、無視だ。

おそらく、後から「気が付かなかった」とか「すっかり忘れていた」ととぼける作戦だろう。



税金払わず、よく平気なものだ。

人にはあんなに偉そうに常識ある人間ぶって説教するから、尚更許せない。

「皆さん! 騙されてはいけませんよ。税金も払おうとしない男ですよ。自分のローンも家族に押し付けようとする男ですよ。なのに、自分は旅行して浪費しているんですよ。子供の学費も払わない父親ですよ!」

と、今奴に騙されている方々に伝えたい。

が、離れているし、収入に差し支えるといけないので、それはできない。


少なくても、私の前で、常識人ぶって、人の批判をしているのが腹がたつ。

もったいつけて、わざとギリギリに送ろうとしているのかもしれない。


家族を不安にさせるDVは、もう慣れている。結婚以来延々と繰り返している。その手にはのらない。


抵抗するぞ。何万倍にして返してあげよう。


口では、「家族の為に働きにでている」と言い訳している。ならば、家族の為に働け。

逆にその言葉を利用して、「こんな事なら、何の為に別居したのか意味がわからないねえ」といつも言い返している。


まあ、こういう無責任、無計画な行動も、奴の異常さを証明する材料になるから、しっかり記録しておこう。まとめて、爆弾落としてやろう。どれだけスカッとするだろう。



                                                    
29 5月

子供の気持ちが全くわからない父親

昨日は、知り合いの子供さんの運動会に呼ばれて、雲ひとつ無い青空の下、久しぶりに一日中太陽にあたってきた。


紫外線には要注意だけど、太陽の光には、人間を元気にしてくれる力がある。


疲れよりも爽快感が残った。
一生懸命走ったり、演舞する子供達をみていると、その純粋さに涙がでそうになった。


自分の子供たちの運動会は、父親不在だった。
自己愛男は、おそらく小、中、高と一度も見たことはないだろう。


楽しみにしていたそぶりもなかったし、興味もなさそうだった。


当時は、私の親や知り合いの人が、わざわざ遠くから出てきて一緒に参加してくれた。賑やかに過ごせるようにと。

時には、私だけしか行けない時もあったが、いつも明るく、楽しくがモットーに過ごしていたので、それはそれで良い思い出にはなっている。


子供自身は、父親は仕事の都合で来られないと思っていたので、(別居する前から)気にしていなかっただろうが、一度もこないとなると、さすがに成長するにつれて、父親の冷たさに気が付いていたようだった。


運動会や、発表会は、親に見てもらいたくて、褒めてもらいたくて一生懸命練習する無邪気さを子供に感じる。だからこそ、見ていて涙がでる。

その晴れの日に、できるだけ親は参加して、例え失敗してもいっぱい褒めてあげたい、と思っていた。



仕事の都合や、家庭の事情で、どうして参加できない方もおられる。


いつも思う。皆が全て同じで当たり前では無い。でも学校とか世の中は、皆同じというのが前提で物事を決めていく。

昨日も、賑やかで楽しいお弁当の時間に、ふっと思った。誰も来られない子供さんがいるかもしれない。学校はどのようにその子供さんに対応しているのだろう。


誰か一人でも、親戚のおばさんでもいい、来てほしいよなあ。


そんな事を、昔からいつも思っている。


自分の子供が、夫からこんな目にあわされるとはまさか思ってもいなかった。他の事情のある家庭とは違い、出来る事をやらない自分勝手な父親であり、私はそれが腹がたつのだ。


運動会に行きたくても行けず、後ろめたい思いをされている親御さんがほとんどなのに、行ける時もわざと行けないように作為をする父親なんているのか、うちにはいるのだ。

だから、なおさら、許せないのだ。


自己愛男は、子供の気持ちを想像できなかったのだろうか。


夫は自分の親に未だに甘えている。

いい歳のじいさんになっても、精神的にまだ親離れできていない。
そんなに親に愛されたいなら、自分の子供も同じだとは思えないのだろうか。


思えないから、自己愛性人格障害なのか。
自分の気持ちだけが一番なのだ。全く想像力がない。あるのは、被害妄想と自分が思いたいように思う妄想だけだ。


そんな男が、人前では「子供の貧困を救おう」だの「最近の教育は間違っている」だの「親のしつけがなっていない」だの、まあ偉そうに発言し、「自分の時はまともだった」と言う。

まだ、素直に後悔していたり、申し訳なさそうにしていて、自分への戒めとして発言しているなら、納得するが、そうではない。
自分がまともで、他人は自分より劣っているというのが前提だから、みっともない。



もっと、厄介なのは、もし、私や子供たちが、こういう話を奴にすれば、
「そうか、そんなに僕を必要としていたのか、僕の存在価値がわかったか。不在にしたのは正解だった。よしよし」となるから無駄なのだ。


奴は、自分が傷つけた相手の気持ちを知っても、何にも感じない、むしろ、ただ自分に不満を言ってくる嫌な奴と思うだけだ。その内容には心を向けない。

もし、奴が行動を改善するとすれば、相手を傷つけたという反省や後悔からではなく、自分に不満を言われるのが面倒臭いので、相手を黙らせる為である。






 


朝塗れば、1日中顔汗知らず♪【サラフェ】  
27 5月

再び、「お前が言うか!」の話

自己愛男は、今月も、1部しか送金してこない。


毎月、生活費を1部しか送ってこない、残りは言わないと送ってこない。自分は飛行機代を使って、連休とその後も遊んでいるのに、家族にはこんな扱いだ。


よくもまあ、平然と帰宅できるものだ。自分の欲望を満たせれば、後は知らん顔か。


以前「これからは、帰宅する費用で家族をそっちに呼んでほしい。」と言ったのに、無視して家族の生活費を削って自分の遊びに回している。

奴が払うべき税金、奴名義のローン、保険、などもこちらの口座から引き落とされるのにである。私個人が使ったものではないのに、まるで、私が小遣いをねだっているかの様な態度をとってくる。



奴の口座から払わせようとしても、わざと払わないことがある。

ほっておくと、督促や、差し押さえが自宅にくるので、困る。

だからこちらから払う様にしているのだ。

奴は、自宅にいないし、逃げているから平気なのだ。最低だ。家族に嫌な思いを押し付けて自分だけ平然としているとは。


他人や、親兄弟には、出稼ぎして、自分だけ我慢して全てを送金している、家族思いの父親みたく言っている。


自分の借金まで、私に払わせようと思っている。

何年も毎月催促しないと送らない。毎回よく飽きずに言わせるものだ。

しかも、私が文句いうと、こう言ってくる。


「贅沢したらきりがない。足るを知る事が大事。」と。馬鹿じゃないのか。

それは自己愛男自身に言いたい。


ただでさえ、奴の仕送りでは不足で(奴が別居生活に使うから)結婚以来、奴の小遣いで給料は消えて、足りた事はない。食わしてやってると偉そうに言われたくない。


人には「なんで足りないのかわからない。妻が何か隠し事に使っているかもしれない。」と嘘をつき、自分を守る男だ。

ボーナスも転職時の退職金も無いと嘘ついて、独り占めした男だ。


浪費しといて、人には欲張りだの贅沢だのと言う。


私のお金をあてにしたくて、もっと働けと遠まわしに嫌味をいう。そんな時は、「お金はいくらあってもいいだろう。当たり前だろう」と言う。

いくらあってもいいのは、旦那だけだろう。妻がいくら働いても、それをあてにして旦那が使うから意味ない。


困った時だけ、お金は沢山あった方がいいと言い。人には足るを知れとか、まあ勝手なこと。



と、毎月私は、一人怒っている。自己愛男の手には乗らないが、勝手に調子に乗ってるので、懲らしめてやりたい。


なぜ、父親も夫も失格な男が、仕事でも失敗だらけの負け犬が、偉そうに人に説教するのだろう。不思議でしかたがない。

ブログにも、職場でも、偉そうに言っているようだ。正しい生き方はこうだ、とか、最近の日本人はだめだとか、よく言えたものだ。


つきつめていくと、自己愛男の本音は、家族に対して「生きていられるだけで、満足しろ。それ以外はすべて贅沢だ。お前たちが生きているのが悪いんだ。」と言われている気がする。



奴の理想は、自分は何の義務も責任も果たさず、自分だけ自由気ままに生きて、お金も全部自由に使う。世間体と、自分が病気したり、老後お金に困った時だけ家族がいればよい。のだ。
それに向けて、実行しているわけだ。そして、人には、自分の夢や理想をあきらめずに、自分を見習って行動しようとか、説教だ。

夢の内容が違うだろうが。



と、誰か奴に説教してくれないかなあ。



       


       
26 5月

無駄使いの好きな親子

 昨日、自己愛男がゴミを送ってきた話を書いたが、本気でゴミみたいな物をプレゼントとして送ってきたりする。


自分が使い古し、埃、汚れて、もう捨てる寸前の物を、くれてやると言って、送ってくる。

そういえば、姑も、以前は似たような事をしていた。

子供にと、服が送ってきたのだが、あけてびっくり。

シミがついている、裁断ミスの着れない半端品、線香とかびの臭いの染みついた古着、7年前に期限きれた缶詰。


新品を送ってくれた事は無い。



株主優待で、デパートの商品券を使いきらない位もっていて、毎日の様に買い物をしている。


孫には、半端品を買い、物置に何年も置いたままのを、思い出して送ってくるのだ。自分が着た古着も送ってくる。

自分は、高級品しか買わない。いい物をいつも着ていて、派手でお洒落だ。


自分にはいくらでも使うが、孫でもお金は使いたくないというのは、自己愛男と同じだ。


義実家は、夫婦だけなのに、大きい冷蔵庫が2台、6畳の和室にソファ、籐の椅子が3個置いてあり、スペースが無い、物置には、テーブルが5台置いてある。不要なのに、安かったと姑が次々買ってくる。2階も荷物であふれている。

若い時から買い物好きだったらしい。買い物依存症な上に、占い師に貢ぐ。

舅は75歳すぎても働き続け、せっせと姑にお金を渡す。


家が物であふれているが、誰も何も言わない。夫などは、「いい買い物をしたね」と本気で褒めている。


義兄嫁は、経済観念がしっかりしていて、理想的なお嫁さんと思うが、姑は気に入らないらしく、「息子の稼ぎを独り占めしていて、ケチだ。あんなに節約するのはおかしい、息子の給料を実家に流しているんじゃないか」とまで言い出す。


それも、夫は一緒になって同意している。馬鹿男だ。


自己愛男が帰宅するたび、無駄使いして買ったどうでも良い物を、飽きたら自宅に置いていく。というか捨てていく。


おかしいのが、ボイスレコーダーだ。来るたびに、いらなくなったと汚れた物を置いていく。これで4台目だ。4台も何で買うのか。変質者か。


他にも、どうでも良い不要な物を多量に買っては、捨てていく。


そんなお金があるのなら、生活費をちゃんと送ってよと言いたくなるし、苦しいと出ししぶるのが演技だとわかる。


この男にいらつく生活、いつまで続くのだろう。


最近の自己愛男を見ていると、老後を意識し始めている気がする。


そんな都合よく利用されるものか~(ノ`Д´)ノ







    
25 5月

自己愛男が間違えて送ってきた物


昨年、自己愛男に、大事な書類の郵送を頼んだ。

中々送ってこないので催促したところ、書類では無く、小さな犬の餌の袋(しかも犬はもういない)が送ってきた。それに混じってごみみたいな紙が、ぐちゃぐちゃと一緒に封筒に入っていた。


こういうところが、奴の異常行動というか、だらしないところだ。


おそらく部屋は、ゴミ屋敷状態だろう。封筒に、部屋の臭いがしみついてて臭い。宅配便を送ってくる時も、同じ臭いがする。



(なのに、高い掃除用の洗剤を買っていると自慢していた。買うだけで満足して、掃除なんてしない。)
私の住所が奴の所になっている郵便物もあり、催促しないと転送してくれない。


何回言ってもとぼけていて、やっと送ってきたと思ったら、ドロみたいな汚れがべったりついていたりする。


なので私は、内緒で転送届けをだして、郵便物はこちらに自動的に転送されるようにした。

私宛に転送されてきた物は、すぐに住所変更するように奴に連絡するが、口だけでなかなかやらない。


一部の事だけだから良いけれど、迷惑な話だ。


逆に、こちらに届く奴あての郵便物は、世帯宛の物以外は即転送する。関わりたくないので。


先日、全く意味のわからない話を自己愛男がしてきた。

そんな話、知らないと言うと、「知ってるだろう。この前僕あての郵便物を見ただろう。あの中身を知らないはずがない、嘘だろう」とムキになって言われた。


奴あての郵便なんて即転送するし、頻繁だから、いちいち覚えていない。


都合の悪い物は、自宅に届かないようにしているはずだから、こちらに来るのは、事務的な案内ばかりだ。

中身なぞいちいち、気にせずにいる。気にもしたくない。



「中身を空けてみる訳じゃないし、いちいち覚えてもいない」と言い返したが、奴の妄想は消えていない様子。


おそらく、自分がそうやって人の物をのぞくから、人もそう見えるんだろう。


「そこまであなたに関心ないですよ。」と心の中でつぶやいた。

いざとなった時に、証拠として使えそうな物が届かないかなあとは思うけど(笑)


そうそう、さっき書いた、奴が間違えて送ってきた物の中に、領収書類がごちゃとまじっていた。
振り込み済の用紙と、交通違反切符が2枚、入っていた。

見ると、1枚目の違反の3日後に、また別の違反で捕まっていた。


あんなに、「交通マナーが悪い人が多い」だの、「もう一度自動車学校で学び直せ」だのと、他人の批判ばかりしているのに、自分はこのざまだ。



おそらく、これはたまたま間違えて送ってしまったのだろうけど、他にも違反は沢山していると思う。


自分の失敗を打ち消す為に、他者を非難する。見苦しい。


何回も事故もしているが、人のせいにして反省なし。

違反すれば、罰金がそれだけかかる。そうやって奴だけが、お金を浪費する。


もし、私が同じ違反をして、罰金のお金送ってほしいと頼んでも無視するだろう。お金がもったいないだの嫌味だらだらだろう。自分に超甘く、自分以外の人間に厳しい男。



奴には、この紙の事は言っていない。むこうもだらしないから、送ったことに気が付いてない。


私にばれているのに、また偉そうに説教垂れるんだろうか。


ばれたら、警察がおかしいだの、色々言い訳するんだろうな。












    
24 5月

職場でパワハラ、家では?

知り合いの若いママから聞いたパワハラの話題を再び。



あいかわらず、上司がいつも忙しそうにしており、イライラしていて、支離滅裂なのだそうだ。


人に指示した仕事を、いつのまにか上司が勝手にやっていて、その連絡も無い。かと思えば、自分がし忘れた仕事を人のせいにして「なぜやっていないのか!」と怒鳴る。


顧客からの自分のミスへのクレームも、「お前がちゃんとやってくれると思っていた。それ位気をきかせてやっとけ。お前のせいで恥かいた。」と八つ当たりをする。


与えられた新しい仕事の内容を聞くと、「自分で考えてやれ」と言うが、資料もいっさいなく、教えない。


営業してこいと言うが、価格表も宣伝資料も無い。やり方も教えない。手ぶらでいけという。

全て「自分で考えろ」と言う。


なので、時々、営業経験のある私に、電話で相談してくる。

この上司は、何も教えられないのだ。知識も能力も無いのをパワハラでごまかしているのだろう。

彼女が何とか努力して、営業先で人気がでてくると「お前は営業にむいてない。もうやらせない。」と足をひっぱる。


自分が教えないのが悪いのに「教えてください」と言うと「そんな事も知らないのか。馬鹿か、お前は」と人前で言う。

自分のミスを人のせいにし、「お前のミスを自分が謝ってやったからな」と言う。



これが、毎日らしい。このママさんは、まだ新人なのだが、前任者も、この上司のパワハラで辞めており、人が続かないというのだ。



この会社は、少人数しかいない零細企業、逃げ場がないのだとか。

この上司が全てを仕切っているので、社長に訴えても代わりがおらず、くびにもできないらしい。



この上司は、夜中2時まで会社に残り、いかにも仕事に追われているかの様に振る舞う。

伝染病にかかっても出社する。


それがいかにも仕事熱心な男と思っている。


私が思うに、能力の無い、計画性もない、整理能力もない、社会人としてのマナーも知らない、コンプレックスまみれの人だと思う。大企業なら研修があるが、この男性は何も教わらず、自己流でやってきたみたいだ。

教えられないなら、勉強すればよいだけの話だ。

自分がこれまでやってきた事をまとめて、マニュアルを作るとか、研修制度を作れば良い。


大変だ、忙しいといつも騒ぐ。アシスタントを入れても、わざと仕事を教えず、かき回し、自分よりだめな奴に仕立てる。



顧客にアシスタントを紹介する時も、「こいつはダメで、ろくな仕事しませんが、よろしく」と紹介するそうだ。相手に失礼だし、言われた方も困るということ、わからない。


契約先に非常に評判が悪いのだそうだ。そうだろうな。


この男性は、自分は楽になりたいが、アシスタントが自分より仕事できると困るのだろう。


周りは、わかっている。


アシスタントが、どうにか自力で仕事を覚えてしまえば、おそらくこの上司は立場が無くなる。

今まで、大変だと深夜まで残ったり、休日出勤してきたのも、無駄だったとわかるだろう。


一日でできる仕事を10日かかっているのだとばれる。


仕事の場で、「お前」と呼ぶ事自体、とんでもない。そんな事も知らんのかと怒鳴りたいのはこっちだ。


このパワハラ上司は、家庭ではどうなのか、聞いてみた。


奥さんが言うには、お金の使い方がめちゃくちゃだという。出産で里帰りしている間に、奥さんの通帳のお金を全部使っていたそうだ。

生活がだらしないのか、頻繁に風邪をひいたり、病気になるそうだ。

生まれたばかりの赤ちゃんに感染し、赤ちゃんもよく病気になり、奥さんはクタクタらしい。

だが、この男性は、自分は家庭では良きパパであるかのように話すという。

そうなのかもしれない。全てのパワハラ男が家庭でモラハラしているとは限らない。

お節介な話だが、家庭では本当に良いご主人であってほしい。


本人は、仕事も家庭も必死で頑張っているつもりなのだ。


それが一番問題なのだが。ハラスメントは、本人が自覚しない限り無くならない。

もし、この人が、家庭でもモラハラを始めたら。奥さんがそれに気が付いたとしたら。そうならない事を祈る。



知り合いのママさんは、職場を去れば解決するが、家族は逃げることはできない。ましてや子供がいたら。




こういう外面の悪い男性が、家庭内モラハラやDVしたら、すぐに理解してもらえそうだが、うちみたいに、外ではソフトで、女性に対して紳士的にふるまうと、なかなかわかってもらえないんだなあ。






   
23 5月

セクハラ、パワハラをするおじさん達

身近にはモラハラ、セクハラ、パワハラ、アカハラだらけ、…よく耳にする。


私が若かった頃は、ハラスメントという言葉がまだ浸透しておらず、会社では、当たり前の様に、セクハラがあった。

自分は、それほど深刻な被害にあわずにすんでおり、有能で優しい仲間に囲まれ、幸運だった。

それでも、当時、目の前でよくあった光景を書くと~

★社長とすれ違う時、社長が寄ってきてお尻を触っていく。偶然を装いとぼけた顔で。

★男の上司が、女性社員のウエストがどうの、今日の下着がどうのとからかう。

★女性社員はどうせ腰掛でしょと言われる。結婚しないとまだいるのかみたいなムードになる。

★男性より有能な女性社員に嫌がらせをする。部下の手柄を取る。

★責任者の女性社員が、取引先から「女では話にならん、男をだせ」と電話で言われる。

★上司が女性社員の品評会みたいな事を陰でする。

★愛人にしようとする。

下品なおっちゃん達の仕業だ。




当時、会社の研修の前夜祭で、女性社員が強制的に上司の接待をさせられ、拒否すると無理やり引きずりだされ、チークダンスの相手までさせられた事があった。

相手のおじさん上司らは耳元で「こんな事が出来ない様では、会社員は勤まらないよ。上司の相手位、するのは当然なんだからね」と説教してきた。屈辱的で、わざと嫌な顔をしていた私。


向こうは逆にその反応を見て楽しんでいるようで、悔しかったのを覚えている。

その後の会社の研修の時に、自分の言葉で、そういう事が納得できないと訴えた。形式的な答えをされただけで、受け流された。


これは、東京タワーが目の前に見える会社での出来事。


今ならそうはいかないだろうが、当時は、何を言っても笑って誤魔化された。



今でも学校のPTA役員にしたって、昔のまま。
地区の婦人会のお母さん達は、自治会のおじさん達の接待をやらされたり、交通安全協会のおじいさんのお酒の相手をさせれたりしている。


男性にもさせたらよいのだ。同じ親なのだから。忙しいのはむしろ母親の方だ。



若い人から、パワハラ、セクハラなど、愚痴を聞く機会がある。


ハラスメントをする男性は、家庭ではどうなのだろうと興味がわく。


自分ちの自己愛男で考えれば、外と家庭では、表裏なのではないのかなとも思う。


が、今話題の国会議員のおじさま達の失言の内容や態度を見ていると、ああいう人は家庭でも暴君なのではないかと感じてしまう。






     
22 5月

浪費とケチを繰り返す

自己愛男が先日帰宅した時に、私の車を借りてちょっと外出した。


帰宅するといきなり「ガソリンスタンドで空気圧チェックしたら、タイヤがつるつるでひびだらけだった。すぐ換えないとパンクするよ。そこのスタンドではタイヤが安かった。」と言われた。


そんななずはない。


タイヤに関しては私は神経質な方で、まめに空気圧も調べ、釘を踏んで空気もれていたタイヤを自分で発見し、昨年交換したばかり。それも、長持ちする良質のタイヤに。
勿論奴はお金はださないので、自分で。


昨年交換時に、他のタイヤも見てもらった。いいタイヤなので、まだまだ乗れますよ。と言われた。


1年でそんなに消耗するはずがない。


ありえないと私は否定したが、「いやいや、4本ともボロボロだ」という。


どうやら、ガソリンスタンドで、売り込みされたようだ。

私には、いかにも自分が見て判断したかのように言っていたが、嘘だった。
スタンドの人に任せて、言われるままにハイハイといい格好して聞いていたのだ。


おそらく車が奴の物なら、言われるまま、その場でタイヤ全部交換しただろう。

本当にパンクが心配なら、私に電話して、承諾をとり、その場で交換すればいい。


自分だって乗るのだから。いっさい車の費用はだしたことがないのだから、これ位してくれてもよさそうだが。自分が遊ぶお金はあるのに。


わざと「なら今から交換してきて」と頼んだ。

すると慌てて「いや、あと1年は大丈夫だと思うよ。」と言い出した。


私は「4本とも古くてボロボロだったのね。おかしいなあ。」と言ったら、奴はタイヤを見にいった。自分がお金払うはめになったので、作戦をかえたのだろう。


「ああ、1本は新品だったよ。他もあと少しは乗れそうだなあ」と言い方を変えた。



おそらくスタンドの営業トークを信じて、本当にパンクすると思っていたらしい。



私は騙されたふりをして、「でも心配だなあ。早く交換しなきゃなあ」と言い続けた。

「お金どうしようかなあ。安いのは、すぐダメになるよね。今使っているのと同じのに交換したいなあ」と言い続けてやった。


奴は、どうにかして私に押し付けようと、言いかたを変えて、他人事みたいな態度を続けた。
ケチな男だ。自分は遊びにお金を使い、自分も使う車なのに。


タイヤの事は、命がかかっている訳で、今遊びに使うお金より優先だろうに。


私は、話題をそらさず、タイヤの値段を調べ始めた。すると横から奴は「今は安い物も質は良くなっているから、一番安いのでいいと思うよ」と、私が換えるのが前提で話し始める。


ガソリンは満タンちかく入れていたのだが、「ガソリン入れといたから」としつこく言う。

自分が乗った後だろう、ガソリン位入れるの当然。それにほんのわずか。

奴は、以前は自分の車も私に買わせた。すぐ返すといって、返すどころか、開き直る始末。


別居したら、黙って向こうでさっさと車を買っている。家族は行った事も見た事もない。
自分だけが使うものには、いくらでも浪費する。家族と一緒の時はケチる。



自宅には、私の車しかないので、奴は借りたり、私に送り迎えさせるのだが、それを当たり前のように偉そうに言う。


その後、逃げるように実家に行った。しめしめと思ったことだろう。


念の為、車に詳しい人にタイヤを見てもらった。


「これが、パンクしそうな状態だと言った人は、詐欺師だ。本当にガソリンスタンドで言われたなら、悪質だ。全然大丈夫」と言われた。


前も書いたが、自己愛男は詐欺師だ。詐欺師は詐欺師に騙されやすい。

そうやって奴は、他にも色んな詐欺にあい、気がつかず、その内容を人に教えてやり、馬鹿にされていることにも気がついていない。そして浪費ばかりして、ごみばかり増やし、家族にはケチで、嘘をつく。

お金のないふりをしているが、すぐ嘘がばれる。

例えば、私が、節約料理をしてだせば、ケチをつけ、自分はもっと良いものを食べていると勝ち誇ったように言う。

私が、節約する為に仕方なく工夫してやっているのを、貧乏くさい、良いものを知らない人間で、自分の方が舌が肥えているとか、普段いいものを食べていると、自慢するのだ。



私はそれを無視するが、子供がふんふんと聞くふりすると、してやったりとばかりに「わかったか。お父さんの凄さを」と満足気にニヤニヤする。

誰のせいでそうなっているのか、考えない。そういうところが、奴にとって、家族は他人と同じと思うのだ。だから、モラハラ男で、自己愛性人格障害なのだ。


私が、嫌味を言い返すと、はっと気が付き、そこから、再び貧乏演技が始まる。もう、滑稽で馬鹿馬鹿しい。


子供の学用品に必要なお金を送ってと連絡した時も、必ず、「そのせいで、キャベツしか食べられない」とか、寒気のする嫌味を言っていた。何て小さいみっともない男か。



奴の死後は、多量のごみと、借金と苦情が家族に襲ってきそうで怖い。


そんな話を、昨夜は子供たちとお喋りして賑やかに過ごした。


          
21 5月

絶対自分の方が長生きしなくては

今日、一番下の子供と話していたのだが、以前、私がいない時に、自己愛男と二人で話した事があるらしく、その時の状況を教えてくれた。


息子が自分の考えで言った事も、自分に都合が悪い内容になると「それはお母さんに言われたのか」と私のせいにしたという。それを息子は否定し、自分の学費や家族に対して父親として、責任ある態度をとってほしいと、何度も訴えたらしい。

それに対して、まともに返事もせず、聞こえないふりをしたり、トイレに行って逃げたりしたとか。


返事に困ると、「誰に食わしてもらってんだ」と言ったという。

子供にまでモラハラか。


「心配しなくていいから、まかせておけ」と言えないものか。


息子は「親としてまともじゃない、子供に対する情の無い人間だ、自分はあんな風になりたくない」と言っていた。



子供が成長した今だからこそ、こんな話ができるのだが、情けない父親である。


これからどうなるのだろう。



どちらかが、病気や事故で寝込んだ時、奴の反応はどうなることか。

子供が頼んでも、とぼけたあいつに言いたい、あなたが助けてと頼んでも、今度はこっちがとぼけます。



全て、ブーメランで返ってきます。


それを見届けるまで、絶対自己愛男より先に寝込んだり、死なないぞ。




もうファンデーションはいらない。HANAオーガニックのウェアルーUV


【サラフェ】

プロフィール

りんご

主婦歴、子育て歴長いです。自己愛の強い夫に振り回される人生。長い間我慢してきた事を吐き出し、これからの自分の生き方も考えながら、あれこれ呟きます。

いつも有難うございます
♡よろしければポチッとお願いします♡ にほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ
人気ブログランキング