miyukikaku

りんごの嘆き

自己愛の強い夫が勝手に別居生活を始めて長い年月が経った。今後の自分の生き方を考えながら自己愛男への不満を呟く。

2016年08月

28 8月

「僕はアスペルガーだよ」と自慢する

ある方のブログで「カサンドラ症候群」という言葉を初めて知った。

発達障害のある配偶者とのコミュニケーションに悩み、心を病んでしまうような状態のことらしい。

 

これから勉強したいと思っているが、アスペルガーを配偶者に持つ奥様に多いようだ。

 

そういえば、夫が「僕はアスペルガーだよ!」と、目を見開いて嬉しそうに、自慢気に言ってきたことがある。


彼にとっては、アスペルガーは超優秀な人、トラブルを起こしてもそれは仕方のないこと、つまり、自分は優秀で、何をしても許されるのだと思っているし、思いたいが為にそう言ったようだ。

 


アスペルガーの人に失礼だ。自分でそんな風に言えるものだろうか。

 

奴は発達障害ではなく、人格の障害だ。

優秀でもないし、アスペルガーの人はもっと素直なんじゃないか。素直すぎる故に、空気読めずトラブルが多いのではないか。

 

うちの自己愛男みたいに言い訳とか、都合よく話を作り変えたりしないと思う。

 

私は、相手から離れていってくれたから、逃げる必要がなくて何とか今は元気に生きていける。

 

それまでは、カサンドラ状態ではあった。が、アスペだからではなく、単に自己中な人にいじめられていただけ。

 

でも、妻がこんなに嫌っているのに、全てを脳内変換して美談にし、夫婦仲良しと思い込んでいる自己愛男は、幸せだ。



8 8月

女のお金をあてにする

 

父親と夫の責任はホッぽりだし、心配事は全て私に押し付け、給料は転職がばれた時だけ、多くいう。文句言われないように。大ホラをふく。


信じたふりして、では生活費を送ってと話すと、社長に騙された、給料は嘘だった、送れない、足りないと言い出す。

そのやり方は、もう飽きた。



以前、仕事しないでお金もいれないときが何回かあって、働くように促したら、女が金策するのは当たり前と怒ってきたことがある。


仕事をしていても、夫は光熱費、家賃など支払い後の残った生活費を全部小遣いにして使っていた。


私の働いたお金で、学校のお金、食費などを補ったが、出産間際で、仕事をやめた時に、そう言われたのだ。


小遣いを生活費に少し回して、節約してほしいと言ったら、そう返ってきたのだ。



自分は働かず、周りの者が自分に尽くすのが当然とどこかで思っている。自分は偉いからだと。




夫の母方の先祖は、サイコパスな家系かもしれない。


先祖は権力を持った強い立場の家柄だったらしいが、理由なく何人も村人に罰を与えて喜んでいたとかいうのだ。

中には、命を奪われた人いたそうな。


江戸時代位の話だろうが、嘘かもしれない。それを自慢気に話すのだ。残虐な家系だぞ自慢するとは…(自慢じゃなくて、恥だぞ。)




おそらく、私の実家より、裕福なはずだが、義母は買い物依存症、自分は浪費するが、人には1円もお金はやりたくないようだ。

嫁のお金、実家のお金をあてにすればよいと義母がいつも口にしていた。

夫は、何でも母親が絶対正しいと信じ込み、べったりだった。




 

 


     

                  

6 8月

ターゲットをみつける自己愛男

うちの自己愛男は、自分の利益になりそうなターゲットをみつけながら生きている。

 

お金を持っていそうな人や経営者などと知り合うと、即親しくなり、賢さと誠実さをアピールする。


なので、最初は仕事場でも受けがよく、相談にものってくれるいい人と思われる。

 

だが、本来だらしない上に、上から目線の態度がどうしてもちらつき、中身が薄いので、すぐ見抜かれる。


詐欺師みたいに嘘がうまいから、約束も破るし、言い訳や誤魔化しばかりするから、社長と険悪になるのは初めから私はわかっている。 


 

私もターゲットになったわけだ。。私は金持ちでも、経営者でもないのに。


当時たまたま、逃げ場として便利だったようだ。


仕事もしていて、貯金を沢山持っているように見えたのかもしれない。


確かに変な違和感があった。もっと冷静に分析すればよかったと後悔している。

 




 

 

               

5 8月

詐欺と同じ手口

私は、心を病んだ事がある。自己愛男の存在はストレスの元凶。

奴から、メールや電話がくるだけで、不安というか恐怖が襲う時がある。また、陰湿なことしてくるのではないか、送金できないというのではないかとか。


長い間、知らず知らずに洗脳され、抵抗すれば脅迫され、嘘に振り回され、尻拭いをさせられ、自由意志を奪われてきた。

 

ある日、詐欺の手法と同じじゃないかと気が付いた。

最初は信用させる為に約束を守り、誠実にふるまう。
相手が信じたところで、騙し始める。詐欺がばれるまで利用しつくす。訴えられたら逃げる。
 

 

 

今まで尻拭いに使わされたお金は、実家からの借金が多額なので、借用書を作ることにした。
これまでの被害を記録しておく。
 

 

奴が人を批判する時は、自分の投影をしている。自分の事を相手の事として批判する。
 

 

家族に対しても 都合悪くなると毎度音信不通になる。そして、ほとぼりがさめたと思うと、何もなかったように連絡してくる。

 

 

自分の為に犠牲になるのがいい家族で、妻子が自分抜きで楽しむようなことは嫌い、家族にお金を使うたびに嫌味を言ったりする。


 

もう騙されない。心を強く!


 

 

 

 


3 8月

借りたお金は返す気が無い

うちの自己愛男は、借りたお金を返す気持ちは本来ない人間である。

約束も何回も破られた。

 

注意されると逆切れする。

私の独身時代の貯金を奴の車の頭金に建て替えた事があった。奴はニコニコして「すぐボーナスで返すからね」と言った。

しかし、返さなかった。
「大事な私の貯金だよ、返して」と言うと、
 


「貸した貸したと偉そうにいうな」と真っ赤な顔して怒り出した。

悪いのはお金を貸した方だと言い出す。

そして、「誰のせいで車買ったと思ってんの。子供のために買ってほしかったんでしょ。」と言い訳をする。だとしても、私が払う理由にはならない。

私が怒っているのは、すぐに返すと言って、騙したことだ。悪いのは嘘をついた方。なのに、被害にあった相手を責めるという理不尽さ。

子供を乗せた回数は数えるほどしかない。


もの凄く車内を汚し、ゴミも散乱していて、「そんな風に使うなら車買わなきゃよかった」と思った。子供も「汚いし、運転も乱暴で怖いし酔うから乗りたくない」と言い出すほど。

すると、奴は「子供らを乗せると、車を汚すから困る」と言ってきた。子供は汚していないし、ゴミは全て奴の物だ。

こんな父親で、夫なのだ。


いつも、こうなのだ。誰かのせいでこうなったと言う。
 

いつも「直ぐ返すから」と謙虚なニコニコ顔で、人にお金を借りる。でも返したためしはない。私の知らない話では、親がこっそり返したこともあったらしい。


それであきれたのは、「親が貯金を下ろして払った。年寄りからお金を取るなんて」と返す時に嫌味を言うのだ。自分が悪いのに。返せと言う方が悪いと言い出すのだ。

 



 

他人なら、こんな人だとわかった時点で、縁を切る。これまで沢山の敵を次々と作ってきた。


しかし、自己愛男はいつも「徳を積もう、慈善活動をしたい、謙虚に生きるべき…」と言ったいかにも自分に厳しい言葉だけは訴え続ける。






 

 


1 8月

夫は自己愛の強い男


夫は医者、弁護士、官僚になる卒業生のいる 優秀な進学高校卒。

時代的に今よりずっと入りやすかったし、成績は一番後ろの劣等生だった。
 

第一希望の大学に落ちて地元の国立大へ入った。


就職も大企業には全て落ち、地方の地場産業に就職した。
 

 
にもかかわらず、”自分は人より優秀で、常にリーダーあるべき人間”という考えを心に秘めていたようだ。

 

なので、就職しても、最初は謙虚な演技でうまくいくけれど、3年ももたない。


”この会社はおかしい、この俺様が、まだ平社員とはありえない。”とすぐに言い出す。
 

”上司は俺様より頭悪いし、仕事も男ぷりも劣っているんだし、俺様に偉そうにするとはけしからん、”と不満をためていき、それがすぐに態度にでる。


 

このままでは、あなたが損をすると、何十回も話したのだが、

「そんな偉そうな口のききかたはやめたほうがよいよ。女のくせに何様か」

と逆に説教をしてきて話をそらされた。


”自分に注意する奴は、自分が教育し直してやる、自分の足をひっぱる悪いやつだ”とのこと。

 

しかし、そんなことを言ったすぐ後には、笑顔で何もなかったようにへらへらしている。
 

 


”俺様を評価しない社長は、自分の能力と人望に嫉妬している”という。

聞いているこっちが恥ずかしい。本人はそう信じ込んで裁判にまでしようとする。

 

 

そうやって、転職しているから、安定して稼げない。

家族に迷惑をかけている事実からは逃げられない。

子供にお金や手がかかり始め、親の責任が大きくなると、夫は現実から逃げた。

勝手に突然それまでの仕事を放りだして、遠方の友人の職場によばれたと言い、口では単身赴任だと言っていたが、私はそうは思っていない。


私や子供たちに相談も説明もせずに、突然勝手に別居を決めたのだ。

 

夫の自己愛の強さには腹がたつ。


私は騙されていた、と気が付いた時は後のまつり。


子供がいなければすぐに縁を切っただろう。
 

自己愛の強い夫は、転職先でも、社長と喧嘩をし、くびになっているダメ男なのである。
 


 

プロフィール

りんご

主婦歴、子育て歴長いです。自己愛の強い夫に振り回される人生。長い間我慢してきた事を吐き出し、これからの自分の生き方も考えながら、あれこれ呟きます。

いつも有難うございます
♡よろしければポチッとお願いします♡ にほんブログ村 家族ブログ 夫・ダンナへ
人気ブログランキング