りんごの嘆き

自己愛の強い夫が勝手に別居生活を始めて長い年月が経った。モラハラ、DVの自覚の無い夫をいつか捨ててやりたいと密かに思っている主婦のつぶやき。

私は、やっと実家に帰ってきた。
勿論、自己愛男には黙っている。



言えば、安い高速バスにしろだの、そんなお金があるならと送金してこなくなる。

自分はさんざん使いまくっているのに。あんな男にいちいち言う必要は無い。



歳老いていく親。近くにいたらもっと気楽に行き来できたのだが、なかなかそれができない。



自己愛男のお気楽さに比べ、奴のモラハラをつい用心して行動を委縮してしまう。


実家に帰ったら、さっそく母から奴への苦情を言われる。


2週間前、奴の実家に、お金と一緒に贈り物もしたそうだ。(送った翌日に届いているのは配送会社に確認済。)


何の反応も無いと言う。



奴は、私に黙って実家に帰っていたはずだ。贈り物の話を知らないはずはない。



舅、義兄、自己愛男の誰も何も言ってこない。



普通以上にこの家の人間は、常識の無い人をけなす癖がある。


それで、自分達はこうなのだ。
家族全員「お前が言うか!」である。


「もうこれであの家とは付き合いは終わりにしよう」と私と母と話していた。






気になる足の臭いに「アニセ薬用石鹸」公式サイトはコチラ


内側からスッキリ爽快!気になるニオイに【レディーズローズ】

自己愛男に、結婚前の発言や演技は何だったのかと、聞いた事があった。


すると、無表情になり、目が横にのびた感じになり、鼻の穴は開いて、
「その言い方はおかしいよ、そんな顔して喋らない方がいいよ」と上から目線で怒り出した。


私はそれに誤魔化されず、同じ事を再び話した。


痛いところを突かれると、自己愛性人格障害の人はこうなるんだと、表情、言い方、内容は変だった。



論点をずらす事に終始して、何を言っても人のせいにするのだ。



自分が嘘をついたのではない、つかせたあなたが悪いという事しか言わない。



「結婚してやったのに」「結婚してほしそうにしていたから」「そう言わせたのはあなただ」「嫌ならいいよ、明日から生活費は無くなるよ。」「そんな顔して話すような人間だからあなたが悪い」などなど、こちらの気持ちを想像することもなく、同じ返事しかしない。

人の話を聞き入れない。褒め言葉だけを受け取り、自分への批判はいっさい聞き入れず、相手への攻撃に終始する。



話し合うとか、気持ちを汲むとか、わかり合おうという能力に欠けている。



わかってほしいと夢中になればなるほど、自分の心が病んでいく。


こういう人間とは、話し合わない事が一番良いと思い、今ではこちらから話す事もわかってもらおうとも思わない。










内側からスッキリ爽快!気になるニオイに【レディーズローズ】


姑は、子供達に「うちの先祖は偉い人だった。本来なら今頃、うちらは家来がいっぱいいて良い暮らしができていた。」と言い聞かせながら育てたと聞いた。



「何もしなくても周りが自分の為に働き、尽くすから自分は遊んで暮らし、トップでいるのが本当の自分」という自己像を信じている自己愛男だ。



姑はそういう意味で話したのではないと思うが、奴が勝手な解釈をしたまま大人になったのだろう。


だから、自己愛男には、「人が自分の為に尽くすのは当然。自分が人の為に動くのは感謝されるべき事で、相手は多大な感謝をすべきである」という考えが根底にある。



「この俺様が、(本来しなくてもよいのに)妻子を養ってやっているのだ。感謝しろ」という思いがある。義務とか責任とか全く頭にない。


世間を嘘で欺いている。



詐欺師的な面があるので、ターゲットに対しては、演技が凄い。その演技に自己陶酔する。



「僕は、どんな事があっても妻子の為に働く男です。妻の稼ぎをあてにする甲斐性のない男にはなりたくない。家族の為、世の中の為に尽くす事が自分の生きがいです」などと言って、うっとりしている。


私もその詐欺にやられた訳だが、以前、奴に文句を言った事があった。



飽きのこない定番が見つかるファッション通販サイト【aimoha】



自己愛男が、世話になった人に対して、「非常識な態度で返す」人間だということはわかった。


奴にとって、家族とは親と兄弟のみ。妻子は家族ではない。
姑が亡くなり、義兄とは喧嘩したらしいが、信じがたいし、まだ執着していると思う。


他人や妻の実家からの好意的な援助に対して、「当然だ」と思っているところがある。


奴にとって、「自分と親兄弟以外の人間は、全て劣っており、自分達のしもべとなるべきだ」という深層心理を持っている気がする。



だから、我が家に対して、誰かからお祝いや、お見舞いなどを頂くと、奴はお礼も言わない、当然だという態度をとる。


当人の前ではお礼を言って、いい人を演じるのだが、私の前になると何で頭さげないといけないのだと不機嫌になる。


しかし、自分の親、兄弟から何かもらったりすると、私に対して恩をきせる言葉、大げさに感謝する態度を要求し、自分も「何てありがたいんだ!」と騒ぐ。それがあまりにも不自然でわざとらしい。
他人、妻の親には上から目線、自分の親兄弟には、気を使い良い息子を演じる。普通、逆じゃないか。


私はすぐに誰であってもお礼をしているが、奴は自分の家族にしか礼も感謝もしない。




こんな男、結婚なんかしないで、一生親にべったりして生きて行けばよかったのだ。










実家の母が春に手術をして、今は自宅で過ごしているが、来週また入院する。


自己愛男は私よりも何回も私の実家近くに行っているが、見舞いもしない。


私が話題にしても、聞こえないふりをする。


奴は遠方から頻繁に高い交通費をかけて、自分の実家に帰っているし、帰ればなかなか戻らない。それもこっそりだ。



私が「母の見舞いと父の世話をしたい」と言っても、いや言ったが為に?生活費を送らなくなったり、小出しが始まる。自分のお金をそんな事には使いたくないという事だ。妻子を家族と思わない人だから当然か。



しかし、実家に帰る交通費も、見舞金もださないと、ここまでくれば、鬼だろう。



私の親にさんざん迷惑かけた男が、こんな事をする。どれだけ助けてもらったのか。借金もしている。


奴の言い分は、「してやったと偉そうに言うな。」だ。感謝もしていない。


奴が助けてもらった時の動画でもあれば見せたいものだ。ニコニコして、演技して今とは別人だ。
私がいない時でも、私の実家によく立ち寄ってご飯を一緒に食べていた。好青年を演じ、両親に懐いたふりをしていたし、母にプレゼントをあげたりしていた。


さんざん利用し、自分の嘘や本性がばれた途端、全く寄り付かなくなり、この豹変ぶりだ。



今までも、私の親族の冠婚葬祭には、連絡しても知らん顔だった。


現実にはそういう訳にはいかないので、私がお金を用意し、奴の名前でだしていた。


だから奴はわざととぼけて逃げる。


そんな事、絶対私は許さない。



奴は「見舞いをする相手(親)から見舞金を貰え」と言いかねない。きっと心ではそう思っているはずだ。奴の脳ではそれが普通。



人が同じ事をすれば、「恩を仇で返すろくでもない奴だ。」とか「人徳を積むべきだ。誠実に生きるべきだ」とか、説教をする。
自分こそが「ろくでもない男」なのに。真逆だから異常性を感じる。まだ謙虚さや、無言ならともかく、よくもこんな偉そうな事を言えるよなあと驚く。



黙って実家に帰る予定。私も奴に対抗して内緒で行動する。



奴の行動は、いざという時に、全部自業自得になればよい。

被害者連盟を作ったら大勢集まりそうだ。奴の歩いた後には、敵ができていく。




送料無料
送料無料のアイテムと一緒に買うと
全商品が送料無料対象になる



消臭サプリメント

終戦記念日。



こんなに早く、戦争の危機を感じる時代がくるなんて思わなかった。



世の中、サイコパス、人格障害の人が権力を握るとこうなっていくのかなあと恐怖を感じる。



かなり前だが、うちの自己愛男に、サイコパスの話題をしたことがある。



すると奴はこう言った。
「世の中、人格障害、精神病、サイコパスだらけだよ。それが今の世の中普通なんだよ。僕もそうかもしれないよ」とニヤッと笑ったのだ。



「サイコパスで何が悪い。それが普通じゃないか」と言っている様だった。



奴は、そういう事にあこがれる。自分はそうかもしれないと言って、怖がらせて楽しみ、「だから何をしても許される」と開き直る。



自分に都合悪い相手には「あいつはサイコパスだ!悪人だ!」と言いふらし、自分は常識人で被害者と言う。自分の都合に合わせて立場を変える。


何だか、奴は、サイコパスとか人格障害という価値も無い、もっとつまらないただの弱虫男に思えてきた。




飽きのこない定番が見つかるファッション通販サイト【aimoha】

口臭・体臭にはshunax

亡くなった姑と自己愛男は、「自分が想像で作った話を事実と思い込む」癖があった。


善良で世話になっている相手に、馬鹿にされまいと喧嘩をふっかける事を繰り返していた。
頭下げるのが嫌なら、世話にならなきゃよいのに。


感謝すべき良い人相手に、「自分に恩をきせ、馬鹿にしている」と勝手に妄想して、勝手に怒るのだ。



「義兄嫁が義兄の給料を嫁の親に流している」とか、(私の親が義実家の)「財産をねらっている」とか、(私と子供が贅沢三昧していると妄想して)「(自己愛男の)給料も実家のお金も全部使い果たすのでは」とかも言っていた。沢山あってきりがない位だ。



直接相手に文句言ったりするから、姑も奴も変人と思われ、嫌われてしまうのだが、本人はなぜ嫌われるのかもわかっていない。



私も、反論したことがあったが、反論すると、「あの人に突然ひどいことを言われた」と騒がれる。こういう人達って、常に自分は被害者なのだ。


この人達は自分の投影をしていると思う。



自己愛男は計算高い。人に何かしてあげる時は、相手より自分を優位に置き、見返りを要求する計算が常にあるのだ。



自分がそうだから、人も同じと思っているのだ。



人の幸せを願えば、自分も幸せになるのに。無償の愛、善意、好意というものを持っていない様に見える。


人付き合いは、勝ち負けにこだわり、自分が人より上になる事を考えて生きている人たち。


自分で自分を不幸にしている。



こういう病んだ人間と関わると自分の方がおかしくなる。


自己愛男は、口癖で「あの人の親も親だよ。どんな育てかたをしだんだか!」とよく人の批判をする。


それも、そのまま奴に当てはまる。それも投影だ。



自己愛男も姑みたいにこのまま変わらず、気が付くことなく最期までいくのだろうな。










お盆なので、姑を偲び、一言書こうと思う。


若い時は、元気で明るく、聡明で美しい人だった。いつも笑顔で声が良く通る人だった。


おしゃれでもあり、スタイルが良くて、何を着ても素敵だった。


私と縁がつながってからは、離れて暮らしていたので、接触は少なかったし、年老いてどんどん人格に変化がでてきてからは、色々あって疎遠になった。



性格について深くは知らないが、ただ、あの強さ、気持ちの切り替えかたは凄いと思った。
悪く言えば不気味な位。


3男の死去の時のあの強さ。火事をだしてしまって家が全焼した時の冷静な態度。(後日書く予定)



私なら、子供が亡くなったら寝込んでしまい、いつまでも泣き続ける。

それだけでも大変なのに、自分のミスで家を燃やしてしまったら、もう立ち直れない。



姑は非常識に見えるといえばそうかもしれないが、それでもその強さが羨ましい。



それほどの不幸が起きない様にする事が第一なのだけれど。





簡単、安心、安全のエステ脱毛をご家庭でも!IPL光脱毛器は【リーオ】

自己愛男が嘘つきなのはわかっているので、何を聞いても鵜呑みにはしない。


普段離れているし、確かめる事もできないし、とりあえず何でも疑った方が被害を防げるし、傷も浅い。


最近では、姑が亡くなった事だけは真実だった。


他の事はほとんど嘘かもしれない。



義兄ともめている話も本当なのか。嘘ではないかと思う。



財産争いで険悪みたいに言っていたが、そうではなくて舅からきちんと貰ったのではないか。




いちいち私に義兄ともめている事を言う必要はないし、不自然だ。


今まで、自己愛男にとって、家族というのは、妻子ではなくて、自分の親と兄弟だけであり、何でも親兄弟の言いなりだったはずだ。


これまで自分がやりたい事は全部内緒にして、結果だけ押し付けてきた男が、こんな話だけ報告してくる必要はない。


おそらく嘘だろう。だから、いっさい私や私の親族を法事に来させまいとするのか。いつ何をするとか、自分がいつ参加するとか、今どこにいるかも教えない、いつものやり方だ。

今頃、義兄と仲良く酒でも飲んで、お盆を過ごしているのだろう。義兄嫁は奴を嫌っている事、わかっているくせに無神経な自己愛男だ。


妻子を家族と思わないでくれて結構だ。


いつかは親兄弟とも別れが来るのだ。


その前に本物の家族と別れが来たら良いけれど。全て精算してからね。



HCR法のために開発されたアミノ酸シャンプー【メセルSDFシャンプー】





祝日の後は、お盆。


自立している子供が帰ってくる。実家に里帰りしていた自分が、今は自分の元に子供を迎えている。



帰ってこないのは、自己愛男だけ。

忙しく仕事をしているかと思ったら、こっそり自分だけで旅行していることが多い。

ボーナスは出ないと嘘をついて独り占めしている。



先月、姑の不幸があったばかり。このままずっと実家にいるのか、それとも向こうに帰っているのか、メールで聞いたが、返信こない。


わかりやすい男だ。




何か嘘をついていて、自分勝手な事をする時はいつもそうだ。



先日のメールが怪しかったし、何かまた勝手な事しているのだろう。仕事サボって一か月も実家で遊んでいるのか、ちゃんと働いてと言われたくないから、無視しているのか、自分の遊ぶお金は舅からもらうのだろう。


来月になって、また送金が滞ったら、適当な嘘でまた誤魔化すのだろうな。



舅や義兄には、見栄はって、自分は稼いでいるから大丈夫だとか誤魔化すに違いない。



姑の法事関係や初盆にも私や近所の親族にも声をかけてこない。来させないように、自己愛男が舅達に何か言っているのだろう。



そりゃそうだ。私が奴の実家に行けば、奴の今までのありえないほどの嘘が私にばれて、自分のしたいようにできなくなるからね。




向こうの家と付き合わずにすむし、こっちも気楽だし、嘘なんかつかなくてもいいのに。



奴には会いたくないし、このまま永遠に帰宅しなければ良いのに。

「誰もあなたの帰りを待っていないから安心してね。その方がいいでしょう?」と言ってあげたいのだが。



アニセ薬用石鹸専門店 










このページのトップヘ